メイン活動のご案内 >特別教室

特別教室

木工中級講座4期 その9 引き出し仕込み
こんにちは指導員の西です。 最近は苑内の落葉樹は葉が落ちきり、 すこしさっぱり… さて、木工中級講座は9回目となり、 いよいよラストスパート。 【今回は主に鉋を使い、作業を進めます。】 板書の通り、今回は丸一日鉋を使いますので、 今一度、鉋について説明しました。 刃の出具合の事を「調子」と言います...
木工中級講座4期 その8 箱仕上げ・引き出し接着
こんにちは、西です。 最近寒くなり、お客さんからも「そろそろ冬タイヤに変えないと…」 という声を耳にする事が増えてきました… さて、木工中級講座は8回目に入り、箱組み仕上げと 引出しを接着をしましたので、その様子をご紹介します。 引出しは全部で4杯ありますので2回に分けて接着します。 朝イチで上か...
日日道具教室「折りたたみ式の葉書箱」開催
こんにちは。指導員の大橋です。 先日の11/5から12日、19日の三日間通しての教室を開催しました。 もうすぐ年の瀬ということもあり、それにちなんで葉書を入れる箱をと考え、企画しました。 加工としては、三枚組手と呼ばれる組手に挑戦しました。 まずは木の説明と墨付けから。 今回使った材料はホオノ木で...
木工中級講座4期 その7 箱組・接着
こんにちは、西です。 中級講座は7回目です。 今回は箱の仮組みから接着までを目標に進めていきます。 前回から調整している蟻組の仕口や留の加工も今日一日で仕上げます。 まずは、仕口の胴付き面(仕口の凸凹の底面)がしっかり 墨線通りに加工されているか確認しましょう。 写真の様に仕口の頭がすべて入るよう...
木工中級講座4期 その6 トリマー加工・仕口合わせ
こんにちは、指導員の西です。 中級講座は先週の5回目で丁度半分講座が終わり、 折り返しです。 今回はトリマーという木工機械の扱いについてと、 仕口の最終調整について学んでいきます。 仕口の調整で重要な留加工には【治具】を使用します。 治具というのは精度が必要であったり、同じ形状でいく つも加工しな...
木工中級講座4期 その5 蟻組仕口加工
こんにちは指導員の西です。 最近は随分と秋らしくなりましたね。 苑内のアメリカフウはすっかり色づき、 早くも葉が散り始めています… 中級講座は5日目です。 早いもので講座の半分が終わりました。 今回は鋸とノミを使った作業がメインです。 まずは墨線の最終確認と鋸の挽き方を説明しました。 側板から加工し...
木工中級講座その4 箱材墨付け
今週から丹波の朝夕は冷え込みが強くなりました。 朝イチのクラフト館の寒さはなかなかです… さて、中級講座4日目の様子です。 今回から本格的に箱組に入っていきます。 前回矧ぎ合わせた板を厚み、幅、長さを寸法通りにカットし、 皆さんにお渡ししました。 この板に組みあわせの目印となる、勝手墨を書き込み、 ...
木工中級講座4期 その3 板はぎ、引出し墨付け、持ち手加工
先週の暮れから少し寒くなりましたね… 年輪の里でもそろそろストーブを出す時期になってきました。 さて、中級講座は3回目です。 3回目からは道具箱の製作に入ります。 そして担当が東浦指導員から西にバトンタッチ。 よろしくお願いします。 まずは座学を少し、今回も「木表」、「木裏」、「ならい目」、「逆目...
木工中級講座4期 その1 三輪挿し 
こんにちは、指導員の西です。 最近の丹波は、木々も色づき始め、すっかり秋模様… 毎年秋から開催してる木工中級講座が今年も始まりました。 初回の10月11日は、丹波市内が秋祭りで混雑する中、 4期生10名の方がお越し下さいました。 毎年、東浦指導員が中心となって進めていましたが、 今年は課題ごとに東浦...
夏休み 親子教室 「コロリンテン」開催
こんにちは。指導員の大橋です。 今回は先週土曜日に開催した教室のレポートです。 「コロリンテン」という名前のビー玉転がしのおもちゃを作りました。 午前午後合わせて20組の方にご参加いただきました。 初めて使う道具、細かい数字の読み取りなど、むずかしいところ。 途中まちがえたところは、やり直し。ここ...
日日道具教室 「蓋付きの小物入れを作るワークショップ」開催
こんにちは。指導員の大橋です。 季節も少しずつ移り変わり、公園の木々も、気づけば青々とした葉っぱをたくさん蓄えた姿に変わりました。梅雨時期なので雨に濡れて、より青々とかがやいています。 そんな6月に特別教室を開催しました。 計20名の方と一緒に、蓋付きの小物入れをつくりました。 今回は1日で完成さ...
木工基礎講座 その10 塗装 仕上げ
最終日。 ここまで長かったようで、あっという間だった10日間。ついに最終日を迎えました。 塗装に入る前の最終調整。 若干のがたつき・隙間埋め・座面の取り付けをしていきました。 通しホゾのはみ出た部分も、ダボ切り鋸で切ります。 10日目になると、特に伝えることがなくなってきました。 皆さん、この講座...
暮らしをつくる木工教室 クリ材の木べらをつくろう 開催
こんにちは。 暑かったり、涼しかったり、なんだか忙しない日が続いていますね。6月7日、14日とそれぞれの日程にて 「暮らしをつくる木工教室~クリ材の木べらをつくろう~」を開催しました。今回使った道具・四方反り鉋・1寸ノミ・小刀・9mm丸曲がり彫刻刀小刀と彫刻刀があれば木べらは作れますが、より多くの道...
木工基礎講座7期 その9  長手側接着 下地調整
9日目 この講座も残すところこの日を含めてあと二日 今日は本組みの続き、長手側の接着をしていきます。 前回組んだ妻手側の具合を見ながら最終調整をしていきます。 わずかなゆがみが椅子のガタつきになって表れてきます。 絶えず「直角」の確認です! ほぼ午前中に調整が済んだので、組む前に下地調整をしていき...
木工基礎講座7期 その8 部材仕上 妻手側接着
ブログの更新遅くなって申し訳ないです・・・・・ さてさて基礎講座7期8日目です。 今日は今まで加工してきたホゾ組を接着していきます。 そのためにまずは部材をそれぞれ仕上げていくところから。 まず幕板部分のホゾ先の加工 ホゾ穴の位置が同じ場所なので、中でホゾがぶつかり合います。 そうならないようにホ...
木工基礎講座7期 その7 座グリ・ホゾ調整
基礎講座7日目の今回は、「座グリ」です。 前回板矧ぎをした材料を、座面を曲面に削る作業をしていきます。 座グリを使う時に使うのが、「四方反り鉋」というものです。 通常の鉋(平鉋)だと、台のところが平面になっているんですが、 この四方反り鉋は、その名の通り四方に反るような形で、台が曲面になっています...
最近の工作室 親子活動・子供会
こんにちは。指導員の大橋です。 新年度を迎え、はや一カ月。あっという間に日々が過ぎていきます・・・・・ GWも終わり、新年度も一息ついたこの時期から、 何組か工作室の団体利用をされるお客様が来られています。 最近は小学校の親子活動や地域の子供会で来てくれました。 うまく作れましたか。 「作るのって...
木工基礎講座7期 その6 板矧ぎ・ホゾ調整
基礎講座6日目です。 この日は座面の加工から始めました。 難易度の高い「板矧ぎ(いたはぎ)」に挑戦です。 板矧ぎとは、複数の材料を接着し、一枚の板を作る加工のことです。 部材の面積(特に巾方向)が大きくなる場合は、この板矧ぎをしないと、部材が確保できません。 今回の講座のスツールの座面部分は巾が2...
木工基礎講座7期 その5 ホゾ加工
基礎講座5日目です。 今回から、ホゾの加工に入ります。今までに加工したホゾ穴と組み合えばこれで椅子組が出来上がります。 前回の終わり際に墨付けを始めました。その墨付けの続きをしていきます。 鋸でホゾを引いていきます。 この時墨線を残して引きましょう。残す方を間違えて切ってしまうと、その時点でやり直...
木工基礎講座7期 その4 ホゾ穴続き, ホゾ墨付け
基礎講座4日目です。 前回に引き続きホゾ穴の加工をしていきます。 ノミのおさらいですが、ノミは刃先の耳と裏が要です。耳が少しでも欠けると使いものになりません。目線は常に真上から。この時裏の平な部分が、部材に対して直角になるように構え、削ります。 一つ目より二つ目、二つ目より三つ目・・・・・ はじめ...