メイン活動のご案内 >特別教室

特別教室

楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~完成しました!~
全5回で行われる「楽苦楽(らくらく)木工教室・卓上整理箱をつくろう」の最終日、いよいよ完成です。  まずは、きちんと入るよう、鉋で一段ずつ抽斗の微調整をします。 それから全体をペーパーがけして、塗装に入ります。塗装はオイル(植物オイル)を擦り込んでいくオイルフィニッシュで仕上げました。 今...
「七転八起木工教室・カホン作りに挑戦!!」~3日目~
全七回で行われる、スツール型打楽器「カホン」作り教室の三日目です。 今回も仕口作業の続きでした。 荒加工が終わり、墨線まで仕上げる作業や仕口内側の入り隅を綺麗にする作業に入りました。 単純な作業の繰り返しですが、正確に繰り返さないとキッチリと出来上がりません。慌てないのが一番のコツではないでしょうか...
「七転八起木工教室・カホン作りに挑戦!!」~2日目~
全七回で行われる、スツール型打楽器「カホン」作り教室の二日目です。 全回に続き、板と板を組み合わせる仕口加工の鋸作業から鑿(ノミ)作業に入りました。 皆さん集中して作業されていましたが、途中「あっ」という声もちらほら・・・。 先は長いので鑿作業での荒取りは思い切って、そして墨線までの仕上げは繊細に、...
楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~4日目~
4日目は抽斗(ひきだし)作りの続きです。 まず、側板と前板に、底板の入る溝をトリマーという機械で掘る作業から。下側木端を基準にして作業していきます。 それから底板の幅、奥行きを鉋で調整し、次に前板の高さを上段・中段・下段をそれぞれ加工順に注意しながら、調整します。 向板も調整したら、前板につまみの取...
「七転八起木工教室・カホン作りに挑戦!!」が始まりました。
全七回で行われる、スツール型打楽器「カホン」作り教室の第一日目です。 第一回目はシラガキ、毛引き等を使って墨付けを行い、仕口の鋸加工に入りました。 墨付けの善し悪しが作品に直接つながるため皆さん慎重に作業されていました。 次回から本格的に仕口の加工に入っていきます。鋸と鑿(ノミ)だけを使っての加工に...
楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~3日目~
全5回で行われる「楽苦楽(らくらく)木工教室・卓上整理箱をつくろう」 3日目は、抽斗(ひきだし)作りに入りました。 午前中は、本体脚部分の底を削ってがたつきがないように調整しました。 午後からはいよいよ抽斗作りに取りかかります。「吊り抽斗」という、側板に溝を掘った構造のものです。 まずは、側板を合わ...
楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~2日目終了~
2日目の今日は、天板・底板の加工をして本体の本組みを完成させました。            仮組みチェック中           脚と裏板をつなげるために、ビスケットに...
「カホン作りに挑戦!!」~七転八起木工教室 参加者募集~
◎定員に達した為、受付は終了しました 「カホン」とは、スペイン語で「箱」を意味し、上に腰掛けて使うスツール型打楽器です。 構造は、板と板を九枚組み継ぎという仕口を利用して箱にします。鋸(ノコギリ)、鑿(ノミ)等の手工具を使い、丁寧に仕上げていきます。全7回の教室の半分以上は、鋸・鑿での作業になります...
楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~第一日目終了~
全5回で行われる「楽苦楽木工教室(卓上整理箱をつくろう)」の第一回目が終了しました。 今回の教室ではA4サイズの三段抽斗付き卓上箱作りに、10名の皆さんが挑戦。今日の作業は、「ビスケット」というブナを圧縮した材料で、脚と側板を組みました。 ...
世界にひとつだけの「時計」づくり~夏休み親子工作教室~
夏休みに入って最初の日曜日、7月26日(日)に「夏休み親子工作教室」を開催しました。定員いっぱいの30組の参加があり、慣れないノコギリやカナヅチなどを使い親子で力を合わせ、世界にひとつだけの「時計」を作りました。 ...
テレフォンテーブル完成!~楽苦楽木工教室~
4月からの毎週土曜日、全10回にわたって取り組んできた「楽苦楽木工教室パートⅤの②」のテレフォンテーブルが遂に完成しました!
ビデオレポート「My箸づくり教室」
白樫の割り木を材料にしたこだわりの「my箸」教室の様子です
七転八起木工教室~Scroll Saw Art手法を使ってトラの絵に挑戦!!~
糸鋸盤を使ったスクロール・ソー・アート教室 終了しました!
ワークショップ「brunch」
木のおもちゃ
七転八起木工教室
スクロールソー・アート、音の出るスツール(カホン)、ローテーブル
楽苦楽木工教室
~和のクラフト~和を感じさせる小物(スタンド・小物など)、和の家具(文机)
刃研ぎ塾
奥の深い「研ぎ」の作業を探求してみませんか? 要予約。
木彫り教室(専科)
立体彫刻から材料加工の技術を学びます。魚のレリーフ、お地蔵さんのレリーフ、お地蔵さん立体、椿のかけ時計、以降制作自由
木彫り教室(中級)
平面彫刻から易しい立体彫刻へペンダントトップ、テディベアなどの課題を行う初心者・中級者向けの教室です。