メイン活動のご案内 >特別教室

特別教室

GuGu木工教室「キハダの木で作る我谷盆」開催しました。
こんにちは、指導員の西です。 3月の我谷盆(わがたぼん)の教室です。 前回のご応募の倍近いご応募を頂き、嬉しい悲鳴を 上げております。。。 前回は少し時間が足りないと思い、あらかじめ 深さ決めの穴を開けておきました。 丸ノミを使いますので、使い方のコツや 注意点を説明の後はゴンゴン掘っていきます。 ...
木工基礎講座16期 その6
こんにちは、指導員の株本です。 今年も花粉の季節がやってきましたね。 マスクをしておられる方、箱ティッシュ持参の方… 身体が重たいですが、頑張っていきましょう! さて、前回も行った微調整ですが、慣れもあってか 道具の使い方が少々気になりはじめましたので、 ここで一度、鑿(のみ)の扱いをおさらいしま...
木工基礎講座16期 その5
今期の基礎講座を担当しております、株本です。 もう3月になってしまいました! 受講生の皆さんどうし、親密さも増していたり 私に対しても「先生!」と、気軽に呼んで頂ける場面が 多くなりました。少しこそばゆく、嬉しい気持ちです。 後半戦、第5回の様子をレポートしていきます! 前回の続き、鑿によるホゾ調...
木工基礎講座16期 その4
気持ちのよい暖かな晴れの日が続きますね。 こんにちは、担当の株本です。 2月が終わりに差し掛かり、早いもので 当講座も折り返し地点が見えてきました。 皆さん慣れた様子で、第4回スタートです! まずは鋸(のこ)を挽く作業から始まりました。 しかし前回と違って「横挽き(繊維に対し直角方向)」の切断。 ...
木工基礎講座16期 その3
担当指導員の株本です、こんにちは! すぐれないお天気で始まった3日目…降るのが雪ではなく 雨混じりになってきたのは、小さな春のサインでしょうか。 皆さん気合い十分、多くの方が開始時間よりも 一足早く来てくださり、作業を始めておられました。 その「前回の続き」であるホゾ穴の仕上げは 精密さを要する作...
GuGu木工教室「ホオの耳付き板で作るフォトフレーム」募集のお知らせ
面越しホゾと呼ばれる、額や建具に用いる加工に挑戦 手加工での額作りから塗装の実践まで取り組みます。 材種:ホオの耳付き材  大きさ:H288×W235×L15(ミリ) 日程: 2019年4月4・11・18日(木)                10:00~16:00 (お昼1h休み)    場所...
GuGu木工教室「キハダの木で作る我谷盆」(4月開催) 募集のお知らせ
丸ノミと豆カンナを使い、石川県旧我谷村で作られていた民芸品 我谷盆の製作に1日かけて取り組みます。 材種:キハダ  大きさ:H30×W135×L195(ミリ) 日程: 2019年4月9日(火)                10:00~16:00 (お昼1h休み)    場所: 丹波年輪の里 工...
GuGu木工教室 「キハダの木で作る我谷盆」開催しました。
こんにちは指導員の西です。 立春も過ぎましたが、まだまだ寒い丹波。 油断していたら、つい先日も雪が積もりました…。 さて、今回のGuGu木工教室は、我谷盆(わがたぼん)。 石川県の旧我谷村で作られていたとされる民芸品で、味わい のある見た目、我谷盆に惹かれる方も増えてきたようです。 木を刳りぬいて、...
木工基礎講座16期 その2
暖かな日と冷え込む日があって忙しないですね。 おかげで喉の調子が出ない、担当の株本です… この日はしんしんと雪の降る中、2日目もスタートしました。 前回に引き続き、鑿の加工を進めていきます。 まずは、おさらいから。 色々な専門用語が飛び交いますが、 整理しながら、全員で理解を深めていきます。 鑿の...
木工基礎講座16期 その1
はじめまして、こんにちは。木工指導員の株本です。 2月3日・節分の日にスタートした、第16期となる基礎講座。 私事ですが、先生として 初めて 指導の場を持たせて頂く、 デビューの日でした。 今回ご応募くださった皆さんも、ほぼ全員が、初めて木工に 取り組む方ということで 初々しい雰囲気のなか、和気あ...
大工道具仕込み塾「鉋の日常使いと調整編」
こんにちは、指導員の西です。 暖冬と油断していたら、昨日からの降雪で雪が 積もった今朝この頃、年輪の里も真っ白です。 昨日は、雪の中でも教室に来てくださる方々が 居ました。 開催の度に反響の大きい、大工道具仕込み塾です。 今回は鉋(カンナ)の日常使いと調整編と題して、3日間に渡り 鉋の調整と定規の製...
GuGu木工教室「キハダの木で作る我谷盆」(3月開催) 募集のお知らせ
丸ノミと豆カンナを使い、石川県旧我谷村で作られていた民芸品 我谷盆の製作に1日かけて取り組みます。 材種:キハダ  大きさ:H30×W135×L195(ミリ) 日程: 2019年3月9日(土)                10:00~16:00 (お昼1h休み)    場所: 丹波年輪の里 工...
みちくさ木工教室「鉋で仕上げる、枡。」募集のおしらせ
今回の教室では、鑿(のみ)で彫る作業は行わずに、 鉋(かんな)の様々な使い方を学びます。 兵庫県産のヒノキと、米からつくる糊を使って、 自然を身近に感じる「一合枡」を作りませんか? 材種:ヒノキ  大きさ:H 55× W 84× D 84(mm) 日 程 : 2019年3月21日 木曜日(春分の日...
木工中級講座7期 最終日
こんにちは、指導員の西です。 中級講座7期生も最終日を迎えました。 今回はカンナ掛けを中心に仕上げ作業 を行いました。 取っ手になる材へのスミ付け。 簡単ですが、正確に線を引いておかないと、 取っ手が歪んでしまいます。 引出しの仕上げ削り、 シビアな調整です。 外側の仕上げもカンナで削りきります。 ...
GuGu木工教室 「鉋で削る、軽い椅子。」その3
こんにちは、西です。 寒くなりましたね~ 講座当日はついに雪降りましたよ、丹波。 さて、冷えは一層冬らしくなってきたところで、 椅子作りの教室が全工程終了しました。 前回の続きから、座面の編み込みを行ないました。 ずっとフルパワーで力いっぱい編む、 というよりは、抑える所でしっかりと コード同士をか...
暮らしの彩り木工「靴べら」その2
先週に引き続いて、暮らしの彩り木工の靴べら製作の様子をお伝えします。 今回は紙やすりで削っていく作業が主になります。 もちろん、カンナで削って仕上げることができるのはいいことなのですが、 それはなかなかに難しいことです。 前回カンナで削っていただいた木の肌を触ってもらって、 デコボコがあるかどうか...
木工中級講座7期 その5
こんにちは西です。 中級講座5日目、アリ組みの加工も大詰めです。 前回のノコ挽き加工に加え、今回は 内カド・外カドをしっかりノミで仕上げていきます。 側板と天板の組み合わさる部分に光を透かして 調整していきます。 慎重に合わせていきましょう。 調整を済ませたところで今回は終了です。 次回は箱組みの接...
暮らしの彩り木工「靴べら」その1
園内の木々も落葉を済ませて冬を迎えるたたずまいとなりましたが、 新しいレストランもオープンし園内に新たな彩りを添えてくれています。 こんにちは、木工指導員の平原と申します。 先日開催した暮らしの彩り木工「靴べら」一日目の様子をお伝えします。 当日は曇天で小雨もぱらつく中、十人もの方々にお越しいただ...
木工中級講座7期 その4
こんにちは、指導員の西です。 今回は前回のスミ付け(加工の下書き)の 確認と、ノコ挽きから。 ノコでアリ組みの形を荒加工します。 皆さん真剣な眼差しですね。。。 ノコ挽きで加工しきれない細かい作業は ノミで刻み仕上げていきます。 今回は天板と左右の板を加工したところでおわり、 次回は板同士を互いに...
GuGu木工教室 「鉋で削る、軽い椅子。」その2
こんにちは、西です。 さて、GuGu木工、椅子削りの作業は仕上げ削りに 入ってきました。 今までの荒削りから削れる量を減らして、 逆目を抑え、木肌を仕上げます。 カンナクズの削れる感覚を手でとらえながら、 一定の速度でスムーズに… 必要に応じて南京カンナも使います。 南京カンナの扱いはなかなか難しい...