メイン活動のご案内 >特別教室

特別教室

木工基礎18期 最終日
こんにちは指導員の西です。 木工基礎講座18期がコロナの影響を受けながらも 開講から5ヶ月を経て最終日を迎えました。 ニット帽やダウンを着て開講しましたがすっかり 薄着の季節になってしまいました。 最終日には金具の取り付けと塗装。 することはこの2点だけですが、丁寧に取り組みます。 下地調整といっ...
ゴールデンウィークフェスタ親子教室「万華鏡を作ろう」一時延期のお知らせ
以下の日程で予定しておりました教室の開催については 新型コロナウイルス感染拡大防止・緊急事態宣言に伴いまして、 一時延期とさせていただきます。 材種:栗  大きさ:長さ210×直径60(ミリ) 日程: 2020年5月5日(火)                午前10:00~12:00       ...
GUGU木工教室 栗の木を掘る盆 一時延期のお知らせ
以下の日程で予定しておりました教室の開催については 新型コロナウイルス感染拡大防止・緊急事態宣言に伴いまして、 一時延期とさせていただきます。 材種:栗  大きさ:高さ39×直径240(ミリ) 日程: 2020年5月14・21・28日(木)                10:00~16:00 (お...
木工基礎講座19期 募集のお知らせ
7月・8月の8日間を通して開催する教室です。 鋸・鉋・鑿といった大工道具の使い方をはじめ、 木の特性など、木工の中の基礎的な要素を学ぶための講座です。 8日間の中で、少しずつ理解を深めながら、加工を進めていきます。 ※細かい寸法の読み取りが必要です。  視力の不安な方は、予め眼鏡をご用意ください。...
木工基礎18期  その4(休講のお知らせ)
こんにちは、大森です。 6日目、各部材に一通りの加工の手が入りました。 後は、調整しながら各箇所の答え合わせ。 18期基礎講座受講いただきありがとうございます。 皆様の健康と安全を考えた結果、暫く教室をお休みさせていただきます。 ご参加くださっている皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが 何卒ご理解い...
木工基礎講座18期 その3
こんにちは指導員の西です。 基礎講座4・5日目。折り返しです。 ほぞ穴の加工が前回までにだいぶ出来てきました。 ほぞ穴に嵌まる「ほぞ」自体を加工していきます。 鋸を使い形を切り出します。 線に沿って真っ直ぐ。 これがなかなか難しい…。 ほぞの加工で特に気をつけるのは直線や平面。 ノミを使い微調整しな...
木工基礎講座18期 その2
こんにちは指導員の西です。 2回目から3回目の様子のご紹介です。 9日の2回目では丹波の山は少し雪化粧。 寒さ厳しい朝でした。 おさらいではノミの使い方を重点的に。 玄翁(カナヅチのこと)でガンガン叩く道具に見えますが 実は包丁より切れる刃物。 扱いは荒いように見えて繊細なんです。 ノミの用途それぞ...
木工基礎講座18期 開講しました!
こんにちは指導員の西です。 冬の基礎講座が始まりました。今回で18期、 担当は大森指導員とサポートの自分で努めさせていただきます。 開講式に引き続き早速、大森指導員による木工の基礎知識の 座学です。 加工を始めるに当たって必要な線や意味。 必要な文字の意味を説明するところからです。 初めて使う道具...
GUGU木工教室 栗の染め皿開催しました。
こんにちは、指導員の西です。 栗の染め皿二回目の開催、今回も多くのご応募がありました。 ありがとうございます。 さて、教室の方は、 前回同様ですが、栗の板をお皿の深さまでひたすら削ります。 とにかく削り続けます。 「四方反り鉋」という曲線削りのかんなでサクサク削ります。 糸鋸で切り抜き。その後は裏側...
大工道具仕込み塾 開催しました。
>こんにちは指導員の西です。 今回は二日間の仕込み・道具の扱いに関する知識を 掘り下げて今後の木工につなげられる様に、道具の相談講座 を開催しました。 受講者の持ち込み道具が今回のメインです。 一番多い悩みとしては、カンナの台直しでした。 その他には刃物研ぎがうまくできない、片減りする。 刃物の研ぎ...
木工中級講座8期 最終日
こんにちは西です。 中級講座8期もついに最終日です。 皆さん今回までに無事、全ての部材が揃いました。 今まで製作してきた引出しや外側の箱には接着のズレや、 加工の僅かな段差、「目違い」が現れるので、カンナで 目違いを削り取ります。 引出しを箱に収めていく際には、どこを削ると スムーズに入っていくの...
木工中級講座8期 その6
こんにちは、指導員の西です。 今回は箱組みの接着を行いました。 仕口の加工を仕上げて、接着前の最終確認です。 完全に接着してしまう前に「吊り桟」という 引出しのレールになってくれる棒に一工夫。 いくつかの部分を削っておくと引出しの出し入れがスムーズになります。 実際はこの後接着をしたのですが、バタバ...
木工中級講座8期 その5
こんにちは、指導員の西です。 中級講座5日目となりました、 今回は箱組みの仕口調整です。 「アリ組み」の側板と天板を合わせてピッタリ 合う様に加工していきます。 シノギという特殊なノミを使い、台形のアリ組み加工をしていきます。 仮組みと板の両端の先端を45度に加工する「留め」の 加工について説明しま...
木工中級講座8期 その4
こんにちは指導員の西です。 基礎講座4日目となりました。 今回は加工の要、「7枚蟻組」という加工の 墨付けとノコ挽きです。 加工が必要な部分にノコを入れていきますが、 挽き方構え方ひとつで切れ方も違ってくるようです。 急がなくても大丈夫、ゆっくり丁寧に切れる感覚を 感じ取りながら作業を進めましょう。...
木工中級講座8期 その3
こんにちは、中級3日目です。 前回の続きの引出しの組み立てをしていきます。 加工自体は前回出来ていますが、接着、固定、木棒打ち、 の組み立て自体に必要な作業もひとつひとつが精度を出します。 丁寧に取り組みました。 引出しが4杯すべて出来れば、それを収める箱を 作る準備、墨付けに入ります。 今回取り...
木工中級講座8期 その2
こんにちは、中級講座8期生2日目です。 引出しには、「包み打ち付け」という加工技法を 用います。 比較的簡易な加工でありながら接着面積を確保し、 箱物の見栄えを良くしてくれる加工です。 加工は直角と直線が基本ですので、ノミの扱い をしっかりおさらいし、慎重に進めます。 今回は2杯だけ接着し、次回残り...
木工中級講座8期 その1
こんにちは、指導員の西です。 年に一度の中級講座、今年で8回目となります。 今回の課題は4段の引出しです。 基礎講座のおさらいをしながら、加工の手順を確認しました。 基本となる木材の向きや加工の下書き、 ノコギリの挽き方、のみ、ひとつずつ復習しながら 思い出しながら加工に入ります。 板の幅が狭い場合...
親子で作る恐竜時計開催しました。
こんにちは。 毎年夏に開催している親子教室、今年は恐竜 をモチーフにした置時計に取り組みました。 今回の木材はセンの木。磨くと白くきれいですが、 日に当たり少しずつ色が変化して良い色になる木です。 みんな一生懸命ペーパーで磨いていました。 ここと、ここ。触り比べてごらん。 「まだ、ザラザラする!」 ...
大工道具仕込み塾「玄翁を挿げる。」開催しました。
こんにちは、指導員の西です。 今回の仕込み塾は、げんのう。 一般的にホームセンターで購入すれば、そのまま長い期間 使い続ける道具ですが、今回はそれを少し手をかけて仕込んで みました。 そもそも、「げんのう」って正確にはどの道具を指すのか、 皆さんご存じでしょうか。 ハンマー・トンカチ・カナヅチと何が...
夏休み親子木工教室「カブトムシ・クワガタをつくろう」参加者募集
~定員いっぱいになりました~ 夏休み親子木工教室「輪ゴムで動く!カブトムシ・クワガタをつくろう」参加者を募集します。 ヒノキを材料に、糸のこ盤を使って作ります。 カブトムシかクワガタのどちらかを選んでください。 ヒノキの香が心地良く、夏休みの宿題にもおすすめです。 お申し込みをお待ちしております!...