メイン活動のご案内 お知らせ特別教室活動のご案内 >木工基礎講座19期生 4日目 ホゾの加工実習に入りました

木工基礎講座19期生 4日目 ホゾの加工実習に入りました

こんにちは指導員の小泉です。

木工基礎講座19期、4日目の様子をお伝えします。
4日目は、ホゾの鋸引き作業の続きと、鑿を使ってホゾ穴に合うように
調整していく作業をしていきます。
縦挽きが終わったら、まずホゾの幅方向の余分なところを切り落とします。
厚みから進めるか、幅から進めるか、人により違いがあるかもしれません。
墨線が残っているところを先に仕上げていきたいので、幅から進めます。
今回は横挽きを使います。
DSCN8410.JPG


縦挽きの時と同じで、力を入れすぎないように、軽く引けば切れていきます。
墨線を越えないように、常に注意が必要です。
DSCN8413.JPG



余剰分の切り落としが済んだら、鑿でホゾの幅に仕上げてます。
この段階では墨線が残っていますから、そこを目指し
鑿で少しずつ削っていきます。

作業台に組み込まれている「込み栓」をガイドにして、
指が刃物の前にいかぬように鑿を突いていきます。
ケガが一番イヤですからね・・・
DSCN8409.JPG


DSCN8417.JPG


ホゾ穴の幅方向に合うかあてがいながら、調整していきます。
と言うところで今回はこれまで。
次回はホゾ調整の続きと、座面の板矧ぎの実習をしていきます。

担当 小泉