メイン活動のご案内 お知らせ特別教室 >はじめての木工開催しました。

はじめての木工開催しました。

こんにちは、指導員の西です。

今回のはじめての木工は、
当館の足立館長を含め7人の受講です。

この教室は、「木工基礎講座」の練習課題を
1日にまとめた内容で、木工の基本になる
道具の扱いや加工方法を学びます。

まずは、いくつかの木工用語と加工の下書きになる
「スミ付け」の説明からです。

DSCN5329.JPG DSCN5330.JPG DSCN5331.JPG






























スミ付け、加工に取り掛かりますが、
はじめての道具や用語に戸惑いながらも、
少しずつ作業が進んでいくと、道具の機能や、
正しい使い方に皆さん感心しておられました。

DSCN5335.JPG DSCN5337.JPG




















材料同士に加工をし、組み合わさる部分を「仕口(しくち)」
と呼び、仕口のスミ付けには様々な道具を使います。
「毛引き」は持ち方と使う時の構え方をマスターしましょう。

DSCN5339.JPG DSCN5343.JPG




















ノコギリやノミといった刃物は、上手に加工をする為に
出来るだけムダな力を入れない事。
押さえつけたり、こじったりしない様にするのが
上手に加工するコツです。

DSCN5345.JPG DSCN5348.JPG DSCN5354.JPG






























カンナは、削り材を置いて少し練習削り。
全体の寸法が狂ってしまうので削り過ぎないように、
これも他の道具と同じように力いっぱいせず、
軽く支えて削ります。

DSCN5355.JPG DSCN5356.JPG




















接着後に仕口の強度を高めるため、4㎜の丸棒を
電動ドリルで穴をあけて、打ち込みます。
電動工具は便利ですが、慣れないうちは、
特に慎重に作業します。

教室で加工した道具用のトレーには、
ノミや筆記具が丁度収まる様になっています。

DSCN5357.JPG










ご参加ありがとうございました!



これまで沢山の方に受講していただいた
「はじめての木工」ですが、今後も木工を
してみたい、という方々から、道具の選び方や、
購入方法を沢山の質問をいただきました。

「しっかりと道具を揃えて木工に取り組みたいけど、
道具の買い方と調整方法がよく分からない…」

そんな方に、「大工道具仕込み塾」の受講を
お勧めします。

詳しくはこちらから   ⇒大工道具仕込み塾 鉋を仕込む
               ⇒大工道具仕込み塾 鑿を仕込む