メイン活動のご案内 お知らせ特別教室 >素材杢教室 「我谷盆の食具入れ」 開催しました。

素材杢教室 「我谷盆の食具入れ」 開催しました。

こんにちは、指導員の西です。
気付けば今年もあとひと月、寒くなるのが少し
遅かった分、余計に早く感じますね…


さて、11月の上旬から開催していた我谷盆の
教室が先日終わりましたので、その様子をご紹介。

今回は栗の木を使いスプーンや箸などの「食具」を
入れる卓上用の食具入れの加工に取り組みました。

DSCN2804.JPG DSCN2805.JPG




















粗掘りされた栗の木。機械の加工あとをノミで整える作業からスタート。

DSCN2809.JPG DSCN2812.JPG DSCN2815.JPG






























側面が落ち着いたら、図面の線までテーパーが
付くように内側の加工を。

必要に応じて木槌で軽く叩きます。

DSCN2819.JPG DSCN2827.JPG DSCN2829.JPG DSCN2832.JPG








































側面の刃跡、綺麗にならびましたか?

DSCN2865.JPG DSCN2869.JPG DSCN2843.JPG DSCN2988.JPG








































2日目は底面をさらいます。
ノミは切れが止まり始めたら刃研ぎを
した物と交換しながら進めます。
ここでも無理はせず必要に応じて木槌を使いましょう。

DSCN2993.JPG DSCN3002.JPG DSCN2995.JPG






























皆さん、腕と腰がしんどい…と口々に。

DSCN3015.JPG DSCN3022.JPG




















3日目になると完成まであともう少し。
外側を鉋で削り形を作ります。

DSCN3028.JPG DSCN3031.JPG DSCN3034.JPG






























どんな刃物もそうですが、力まかせに扱ってしまうと木材にも
道具にも負担がかかります。丁寧に、必要以上に
力を掛けないよう、作業する事が大切です。

DSCN3036.JPG










如何でしたでしょうか、今回初めて一木から彫り出しの
我谷盆の教室を開催しましたが、他の教室で取り組む
刳り物とは一味違う内容だったと思います。

素材杢(そざいもっこう)教室では今後も我谷盆の教室を
定期的に提案していきたいと思います。
興味のある方は、またご参加ください。

ご参加ありがとうございました!
                                指導員:西