メイン活動のご案内 お知らせ特別教室 >木工基礎講座19期生 2日目 ホゾ穴の加工です!

木工基礎講座19期生 2日目 ホゾ穴の加工です!

こんにちは指導員の小泉です。

木工基礎講座19期開催中です!
2日目は、前回墨付けをして、下穴まであけたホゾ穴を
鑿(のみ)を使って、角穴にしていく作業をしました。

材の保持の仕方、鑿と金槌の扱い方などを実践していきます。
鑿は穴を掘る道具として、早い段階で発明されたようです。
基礎講座で使う鑿の幅のサイズは、3分(約9mm)、8分(約24mm)、
1寸(約30mm)そして「底さらえ鑿」という特殊鑿です。

DSCN8344.JPG


底さらえ鑿は、穴の中に溜まった木くずを掻き出したり、
角穴の底を仕上げる時に使う鑿です。
DSCN8345.JPG


構え、鑿の握り方など手本をお見せしてから・・・
DSCN8298.JPG


各自の作業台で作業開始です!
トントンと鑿を金槌で叩く音が響き渡ります。

DSCN8309.JPG
DSCN8310.JPG


DSCN8307.JPG


受講生さんによって、自分なりに構えやすい姿勢を模索しています。
DSCN8313.JPG


みなさん、初めて扱う道具に戸惑いながらも、
何とか角穴に仕上がっていきます。
誰よりも早く、ザクザク済ますのではなく、
正確に、線の通りに加工が出来ているかが大事です。
教室は競争ではありません。丁寧を心がけていきたいものです。
スコヤと測り治具を使い、直角の穴に仕上がっているかを見ます。
DSCN8302.JPG
DSCN8316.JPG


自分のものさし(測る視点)と真実のものさしは合っていますか?(笑)
DSCN8315.JPG


と言うところで今回はこれまで。
次回はホゾ穴加工の続きと、男木(差し込む側)の墨付け、
鋸による作業をしていきます。
担当 小泉