メイン活動のご案内 お知らせ特別教室 >木工中級講座4期 その9 引き出し仕込み

木工中級講座4期 その9 引き出し仕込み

こんにちは指導員の西です。

最近は苑内の落葉樹は葉が落ちきり、
すこしさっぱり…

P1260476.JPG










さて、木工中級講座は9回目となり、
いよいよラストスパート。

P1260356.JPG










【今回は主に鉋を使い、作業を進めます。】
板書の通り、今回は丸一日鉋を使いますので、
今一度、鉋について説明しました。

P1260358.JPG P1260359.JPG P1260361.JPG






























刃の出具合の事を「調子」と言います。
まずは刃の調子を出来るだけ低くして、
裏金をしっかり絞り、試し削りをしてみます。

P1260364.JPG










鉋の調子が丁度良くなってくると、削り屑は均一
な薄さで、逆目が起きやすいところも裏金をしぼ
ることで綺麗に仕上がります。

P1260366.JPG P1260377.JPG P1260378.JPG






























しっかりと鉋の調整が出来たら、前板の桟
の目違払い(段差を削る作業)をして箱を
仕上げましょう。

P1260387.JPG P1260389.JPG P1260386.JPG






























こまめに確認をして、段差が無くなるように
削ります。

P1260396.JPG P1260403.JPG




















引き出しも同じ様にまずは上面と下面の
目違払いから。
削った後は作業台の上でガタつきが無いか
確認しましょう。

P1260416.JPG










トレー状の製品に鉋をかける時は、台の側面に
固定すると作業がしやすいです。

P1260409.JPG P1260417.JPG




















側面は段差が無くなるように削るのはもちろん
ですが、箱の中に収まるように調整もしなけれ
ばなりません。

P1260427.JPG P1260429.JPG




















箱に納めてみて、仕込みが渋く、奥まで入りきら
ない場合や、どこか引っ掛かっている感じがあれば
当たりのきつい部分を探して削ります。

P1260413.JPG P1260433.JPG P1260447.JPG






























スパッと収まるまでひたすら削ります。

P1260461.JPG P1260465.JPG P1260423.JPG






























今回は引き出しが4段とも箱に収まったところで終了です。
本当に1日中鉋かけの日になりました…
作業を繰り返すうちにどうしても腕力でおこないがちに
なる鉋の作業。だいぶ疲れたと思います。おつかれさまでした。

木工中級講座も残すところ来週の1回となりました。
来週は全体の仕上げと、塗装を行います。
1・2回目で練習加工した三輪挿しも塗装しますので
忘れずお持ち下さい。