メイン活動のご案内 お知らせ特別教室 >木工基礎講座16期 その5

木工基礎講座16期 その5


今期の基礎講座を担当しております、株本です。
もう3月になってしまいました!
受講生の皆さんどうし、親密さも増していたり
私に対しても「先生!」と、気軽に呼んで頂ける場面が
多くなりました。少しこそばゆく、嬉しい気持ちです。
後半戦、第5回の様子をレポートしていきます!

前回の続き、鑿によるホゾ調整作業からスタートです。
厚みが、平行になっているか?均一な面に仕上がっているか?
手で入る程度にまで減らせているか?といったチェックに始まり、

DSCN4159.JPG
DSCN4163.JPG
DSCN4180.JPG


幅はきつすぎず、ゆるすぎずといった「効き」をみて、
なおかつ、直角に差し込めるように削る。
胴付き面については、毛引き線まで加工できているか?
平らに落とせているかな?木屑が隅に残ってるなぁ…
などなど、気をつける箇所がたくさんあります。

DSCN4182.JPG
DSCN4157.JPG


組めるホゾの数が増え、だんだん形があらわれ楽しい反面、
隙間が出来たり、材料が斜めに向いてしまったり…
しかし「なぜこうなる?」には必ず理由があります。
悪さをする要素をひとつひとつ見つけ、解消していきましょう。

DSCN4166.JPG


お昼明けは、いったん鑿の作業を中断して
板同士をくっつけることで幅の広い板にする、
「矧ぎ合わせ(はぎあわせ)」の作業へ。
ここで初めて鉋(かんな)が登場しました。

DSCN4148.JPG
DSCN4152.JPG


わずかに真ん中が低くなるように削り、
両端を高く残すと、美しく仕上がります。

DSCN4153.JPG


紙一枚分の隙ができたら、接着です。
手際良くボンドを伸ばしてクランプに挟み、
徐々に締め付けていきます。

DSCN4176.JPG


接着作業の終わられた方から、ホゾ調整の続きをします。
皆さん黙々と、かなりよいペースで仕上げておられました!

DSCN4160.JPG
DSCN4177.JPG
DSCN4178.JPG


次週で、きちんとすべて組み上げられるまでに持って行きます。
地道な作業も、ゴールがみえると楽しいですね!
お疲れさまでした。