メイン活動のご案内 お知らせ特別教室 >木工基礎講座16期 その4

木工基礎講座16期 その4


気持ちのよい暖かな晴れの日が続きますね。
こんにちは、担当の株本です。
2月が終わりに差し掛かり、早いもので
当講座も折り返し地点が見えてきました。
皆さん慣れた様子で、第4回スタートです!

まずは鋸(のこ)を挽く作業から始まりました。
しかし前回と違って「横挽き(繊維に対し直角方向)」の切断。
確認を怠って切り過ぎると、取り返しがつきません!
きちんと各方向からチェックしつつ、加工を進めます。

DSCN4088.JPG
DSCN4115.JPG


次に、切った部分をさらに鑿(のみ)で調整します。
胴付き面を墨線に沿って落とした後、ホゾの厚みを
少しずつさらい、程良い「効き」になるまで削ります。

DSCN4109.JPG
DSCN4091.JPG
DSCN4108.JPG


厚みが大き過ぎると、ホゾを受ける脚材が繊維に沿って
割れてしまいます。目安としては、玄能で叩かずとも、
手の力である程度の深さまで入れられるくらいが理想です。

DSCN4112.JPG


ホゾの厚みを整え終えたら、続いて幅の調整です。
この作業、組み手を作る中でもかなり神経を使います。
緩み過ぎないように、少しずつ…

DSCN4118.JPG


きれいに入ると達成感がありますね!

DSCN4119.JPG


墨線を注意深く見ながらの、繊細な鑿加工が大半を占め
とても疲れる一日だったかと思います。
来週には、おおよそ椅子の形が見えてきます。
頑張っていきましょう!