メインお知らせ特別教室 >木工基礎講座7期 その2 レターラック続き・スツール墨付

木工基礎講座7期 その2 レターラック続き・スツール墨付


基礎講座2日目

R2226822.JPG

レターラックの続きから

R2226825.JPG

まずは部材の内側になる部分をカンナで仕上げます。
そのあと、組み立てに入りました。
R2226829.JPG R2226824.JPG R2226833.JPG

ボンドと釘を使い接着していきます。
接着する部分にボンドをまんべんなく塗布していきます。
接着後にほんのわずかボンドがはみ出る程度が適量です。
釘を隠すためのダボ埋めもしました。
R2226837.JPG R2226841.JPG

組み手部分の組み立てをし、隙間が空いたところにはコクソ埋めという作業をしました。
木のくずと水のりを混ぜ、パテ状のものを作り埋めていきます。
ここでお昼休み。
昼からは、組み立ての続きと仕上げ削りをしていきました。
R2226843.JPG R2226844.JPG R2226852.JPG

最後に曲面部分をヤスリで磨き完成です。
R2226855.JPG R2226856.JPG R2226874.JPG

のこぎり、カンナ、ノミ、一通り道具を使いましたが、いかがでしたでしょうか。
中々上手くいかないところもあったと思いますが、初めてはそういうものだと思います。
少しでも道具に慣れていただけていればそれで問題ないです。


このあと時間が少し余りましたので、スツール製作に入りました。

まずは勝手墨から。材料を見て木の向きを決めていきます。
R2226864.JPG R2226859.JPG

墨付けは慎重に、慎重に。ここで間違うとあとの仕事も全て狂ってきます。
よく見て、寸法を確認しながら線を引いていきます。
R2226869.JPG R2226872.JPG

脚の墨付けを終えたところで終了です。
次回は、墨付けの部分の加工に移っていきます。