メインお知らせ特別教室 >暮らしをつくる木工教室 ベビー食器セット 開催レポート

暮らしをつくる木工教室 ベビー食器セット 開催レポート

こんにちは。 指導員の山本です。
春らしい暖かな季節になってきましたね。年輪の里の芝生も青々としています。

先日開催した「暮らしをつくる木工教室~ベビー食器セット~」の様子をお伝えします。

今回この教室では、赤ちゃんの離乳食用のスプーンと器を作りました。
材料は「ブラックウォールナット」、硬すぎず粘りのある材料です。

まずはスプーンから。

材料はスプーンの形に荒取りした状態で皆さんにお渡ししています。
最初に匙の彫りから。 彫刻刀で木目と直角方向に削っていきます。

P1230428.jpg










次に柄の部分と匙の裏側を小刀で削っていきます。
逆目と順目を見極めましょう。


P1230149.jpg











P1230152.jpg











P1230150.jpg










軽く紙やすりで磨いたら、塗装です。
京都の油屋さんの木製食器塗装用のクルミ油を使います。
普通のクルミ油のように独特の香ばしい匂いがしないので使いやすく、
ベタつきも少ないのでオススメです。

P1230154.jpg










P1230158.jpg










耐水紙やすりで油研ぎをしたら完成で
す。

焼きペンで名前を入れたいときは、塗装の前にしましょう。
(油を吸わせてから焼きペンをすると必要以上に焼けてしまいます)

次にベビーボールです。

ボールの深さを決める穴あけ作業をします。
真ん中から外側にむけて徐々に浅い穴にしていきます。


P1230160.jpg










穴が少し残るくらいまで丸ノミを叩いて彫っていきます。
それが終わったら同じ丸ノミで木目にそって削っていきます。
底が鋭角にならないように丸く丸く彫り出します。

P1230326.jpg










それができたら底を浅く削ります。そうすることで、木が反ったり
膨らんだりしても、ガタつきにくい器になります。

P1230405.jpg











底が削れたら周りを斜めにカットします。(この作業は機械を使うので指導員のほうでさせてもらいました)

ここまできたら側面をノミで削り、整える作業をしていきます。
硬い小口面もノミを胸で押すことで簡単に削れます。


P1230407.jpg










最後に面を取って、平の面を紙やすりで磨き、塗装をしていきます。

スプーンと同じクルミ油を使用します。

オリジナルのネームも入れて素敵に仕上がりました。

P1230418.jpg








P1230417.jpg













参加されたみなさん、3日間お疲れ様でした。
さっそく作ったスプーンをお孫さんが気に入ってくれたみたいで、こちらも嬉しいです。

また器やスプーン作りにチャレンジしてみてくださいね。


P1230420.jpg











ありがとうございました。

指導員 山本草子