メインお知らせ特別教室 >木工中級講座が修了しました

木工中級講座が修了しました

こんにちは指導員の西です

 11月も終わり、寒さが一段と厳しくなりました、
早朝の年輪の里では芝一面に霜が降りるようになり、
本格的に冬を感じます。

 先日、10月から始まっている木工
中級講座が修了し、
9名全員の課題が完成しましたので、その様子をご紹介します。

 10月31日(金) 4回目のこの日は、最後の仕口調整と吊り桟の取り付け、接着まで来ました。

P1220071.JPGのサムネール画像 P1220078.JPG最後
まで微調整をして、仮組みへと進みます。
 P1220089.JPGP1220084.JPG仮組みまで出来たら、ようやく接着です。
接着した後のカネ出し(正確に直角で組むこと)が上手くいかず、 スコヤを何度も四隅に当て、クランプを掛け替える。
慣れない作業に少し戸惑いながらも、 なんとか全員、直角を出し、組むことが出来ました。
 
11月7日(5回目)・14日(6回目)では2週にわたり、
引き出しの加工に挑戦しました。
P1220138.JPGP1220137.JPG引き出しの加工内容は主にトリマー加工ですが、
 溝幅や深さが部品ごとに違うので、
間違えない様に、安全に加工を進めます。
P1220147.JPGP1220143.JPGP1220144.JPGトリマー加工とは別に、空いた時間で取手加工や、
前板のホゾ、菊彫りも同時進行で進めます。
P1220320.JPGP1220338.JPGのサムネール画像取手はしっかり入るか、菊彫りの深さは合っているか、
 細かいところもしっかり確認してから組んでいきます。
 P1220337.JPGP1220339.JPG
3㎜の丸棒や、真鍮釘で固定する所もあります、
ボンドのみのところはクランプで固定しておきます。
P1220347.JPG
6回目で課題全ての部品が揃い、
 あとは最終回で仕上げの工程のみとなりました。

11月21日、ついに最終回です、
P1220359.JPG
P1220368.JPG最後の仕上げをしてしまう前に、「粉くそ」という、
 でんぷんのりと木の粉を混ぜたパテのようなものを作り、
 隙間があれば埋めてしまいます。
P1220374.JPG
P1220379.JPG最後の難関は引き出しの調整です、
 上下・左右の幅、三段のバランスを上手く合わせないと、
 隙間が出来たり、キツくて引き出しが入らなかったりしますが、
意外と目立った隙間などもなく、
スッキリと合わせる事が出来ました。
P1220391.JPG
P1220388.JPGP1220385.JPG最後の仕上げはオイル塗装です。
 塗り過ぎに注意し、ムラが出ないようウエスで拭きあげます。

 これで全工程が終了し、
予定より早く全員が完成する事が出来ました。

P1220407.JPG

 木は使っていくほどに、風合いが出てきます、
 どうぞ、是非ながく使ってみてください。
皆さん、7週間にわたり受講おつかれさまでした。