メインお知らせ特別教室 >くりぬきの小さな額作り教室

くりぬきの小さな額作り教室

縦横15cm、厚み3cmのクルミの材を使って小さな額を作る教室を開催しました。

材の大きさや厚みや木目を生かした美しさなど、くりぬき額の特徴についての話から始まり、1日かけて置き台の付いた額を完成させました。
小さな額ですが、加工の仕方など気を付ける点がいくつかあります。
使用した木工機械は電動糸ノコ盤とトリマー。正確に額の窓を切り抜いたり、トリマーで作品を入れる溝をつける作業等、皆さん慎重に製作を進めていました。
また、額の形は3種類あり、その中から一種選んで作りました。
ノコギリで不要な箇所をカットし、カンナと紙やすりで磨きながら形作っていきます。柔らかい感じの曲面を出すために、何度もカンナをかけ紙やすりで磨きました。
仕上げの塗装は、オイル塗装。時間が少し足らず、持ち帰ってオイル研ぎをしたら「くりぬきの小さな額」の完成です。 P1100114.jpg P1100088.jpg P1100111.jpg P1100118.jpg P1100124.jpg P1100124.jpg P1100142.jpg P1100154.jpg P1100161.jpg P1100171.jpg P1100180.jpg P1100192.jpg