メインお知らせ特別教室 >スプーン作り教室の様子(小泉指導員編)

スプーン作り教室の様子(小泉指導員編)

2回目のスプーン作り教室。
4月からここ年輪の里で活躍し始めた木工指導員二人が取り組む、 はじめての教室です。
今回は小泉指導員が担当でした。

s-P1060887.jpg s-P1060878.jpg

今回もホオ材の曲げ木材を使いました。
6種類のスプーン型を用意し、それぞれ選んでもらったら、鉛筆で材に写します。

s-P1060881.jpg s-P1060884.jpg

「糸ノコは小学生の図工時以来久しぶりです」と懐かしんでおられる方もいました。
糸ノコで形を切り抜いて、皿表の凹面の最深部をドリルで掘り、そこを目指して丸刀で皿表を彫ります。

s-P1060897.jpg s-P1060899.jpg

特に皿裏やマワシ、首の所は逆目になりやすく難しい所ですので慎重に。
皆さん、黙々と小刀や丸刀、ノミで木の感触を味わいながら削っている姿が印象的でした。

s-P1060910.jpg s-P1060912.jpg

ペーパーがけしたもの、研草で磨いたもの、刃物の削りあとを生かしたもの、それぞれお好みの仕上がりを選びます。塗装はキヌカ(お米から出来た安全な塗料)を使いました。

s-s-P1060936.jpg s-s-P1060938.jpg s-s-P1060940.jpg s-s-P1060944.jpg s-s-P1060947.jpg s-s-P1060948.jpg

今回の体験をきっかけに、木を切ったり削ったりする感触、自分で道具を作り、実際に使う楽しさ、物を大切に使う気持ちが自然と育まれるならば、こんなに嬉しい事はありません。
「楽しかった」という言葉を聞けてうれしく思いました。(小泉)