メインお知らせ >ウッドクラフト展(ジュニアの部)の入賞作品を紹介します③

ウッドクラフト展(ジュニアの部)の入賞作品を紹介します③

最後に佳作(丹波の森ウッドクラフト展実行委員長賞)3点です。 1点目は「木の遊び場」足立 有希さん(丹波市立上久下小学校 6年)の作品。木の根っ子を逆さにして木に見立て、その枝には妖精のような子どもたちが遊んでいます。子どもたちの楽しそうな仕種や表情などが評価されました。

佳作 木の遊び場.jpg木の遊び場接写.jpg







2点目は「たま子」道端 真美さん(東京都立工芸高等学校 3年)の作品です。にわとりを引っ張っていくと、たまごがぽろっと産み落とされます。たまごだけでも遊べ、にわとりを引っ張って遊べ、子どもの成長を考えて作られたやさしいおもちゃです。「たま子」という名前もとても愛らしいです。都立工芸高校は、道端さんの他にもレベルの高い作品が出展されており、その技術力や発想力に驚かされます。

佳作 たま子.jpgたま子接写.jpg







3点目は、「仲良しのお城 」蓮溪 采音さん(滋賀県湖北町立朝日小学校 4年)の作品。小さな木片をこつこつと丁寧に積み重ねた、高さ60㎝のかわいく立派なお城です。とてもしっかりと頑丈な作りで、上にいく程すこしずつ重心をずらしてあり、絶妙なバランスで建ててあります。「みんなが仲良くいっしょに住めるすてきなお城を作ろうと思いました」と蓮溪さん。お城のところどころに小さな動物たちが見え隠れしていています。

佳作 仲良しのお城.jpgP1030521.jpg







以上の入賞作品の他にも、たくさんの作品が展示してありますので、ぜひお越しください。展示期間は、11/8(日)までです。