メインお知らせ特別教室 >楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~4日目~

楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~4日目~

4日目は抽斗(ひきだし)作りの続きです。

まず、側板と前板に、底板の入る溝をトリマーという機械で掘る作業から。下側木端を基準にして作業していきます。

それから底板の幅、奥行きを鉋で調整し、次に前板の高さを上段・中段・下段をそれぞれ加工順に注意しながら、調整します。

向板も調整したら、前板につまみの取付位置の穴を開け、鉋で前板のR加工(カーブつけ)をします。この前板のカーブ部分は、この卓上整理箱のチャームポイントです。

そして、抽斗を組んで、今日の作業は終わり。

と、簡単に説明しましたが、今日の作業はすることがたくさんあって、ちょっと大変だったようです。皆さん黙々と時間いっぱい取りかかっておられました。

次回はいよいよ最終日。完成まであとちょっと。どんな仕上がりになるのか楽しみです。

P1030592.jpg P1030598.jpg P1030607.jpg P1030615.jpg P1030605.jpg P1030618.jpg