メインお知らせ特別教室 >楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~3日目~

楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~3日目~

全5回で行われる「楽苦楽(らくらく)木工教室・卓上整理箱をつくろう」 3日目は、抽斗(ひきだし)作りに入りました。

午前中は、本体脚部分の底を削ってがたつきがないように調整しました。

午後からはいよいよ抽斗作りに取りかかります。「吊り抽斗」という、側板に溝を掘った構造のものです。

まずは、側板を合わせる作業から。上側と下側木端面をそれぞれ削りすぎないように注意しながら、カンナで合わせていきます。そして、中段側板をカンナで少ーしずつ削りながら調整します。

次に、前板の調整作業に入ります。まず、本体間口の長さに合わせてカンナがけ(カンナは木口削り用に調整する)。それから、側板の入る欠き取り部の加工をして、本日の作業はここまでです。

カンナでの細かい調整にみなさん苦労しつつ、ひとつひとつ慎重に作業されていました。小谷本指導員の丁寧であたたかい指導のもと、時には参加者同士でも助け合いながら、和やかな雰囲気の楽苦楽木工教室3日目は終了しました。

残すところあと2回、次回も頑張りましょう!

P1030549.jpg P1030547.jpg P1030558.jpg P1030560.jpg