メインお知らせ >ウッドクラフト展入賞作品の紹介 第2弾!

ウッドクラフト展入賞作品の紹介 第2弾!

第22回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)の入賞作品のうち、優秀賞3点と新人賞1点をご紹介します。

まずは、優秀賞(丹波市長賞)の鈴木智子さんの作品「ババリアン・レントラー」です。
「ババリアン・レントラー」とは、ドイツのダンスで、男性が女性を追いかけ、女性がくるくる回りながら追いかけっこをする踊りです。ろくろ師の大蔵俊彦さんとの共同制作です。かわいい男女の動きと、確かなろくろの技術から目が離せません。女の子のおさげがとてもキュートです。



続いて、優秀賞(丹波市議会議長賞)の平良勇さんの作品「ヌーヌー」をご紹介します。
「ヌーヌー」は、沖縄の方言で何、何?の意味です。見て、さわって、積んで、想像力で遊んでほしい と、平良さん。デイゴという沖縄のとても軽い木が使われています。いろいろな想像をかきたてられる、不思議な魅力のある作品です。
ヌーヌー.jpg








次に、優秀賞(丹波市教育長賞)の松本吉和さんの作品「ころころtreeちゅうりっぷ」。
転がる玉が「さいたさいた」のメロディを奏でます。奈良吉野産総桧作りです。



最後に新人賞(丹波の森ウッドクラフト展実行委員長賞)、麻生強さんの作品「FUN BIRD」をご覧ください。
この作品は、風車と風見鶏の特徴をもった風で動く玩具です。



次回は、佳作3点をご紹介しますのでお楽しみに!