メインお知らせ施設のご案内特別教室 >夏休み工作教室「はしごだるま」

夏休み工作教室「はしごだるま」

夏休み工作教室 「はしごだるまを作ろう」を開催しました。
講師は吉竹宏泰さん(monoile )です。

「はしごだるま」とは、人形がはしごを上からくるんくるんと下りていくおもちゃです。

まず、はしごから作り始めます。
カンナやヤスリで、はしごの段の部分の厚さを均等にコマが通りやすいように調整していきました。
それから、直角定規やスコヤを使って墨付けをし、釘打ちをしてはしごの形になりました。
カンナやノコギリなど、普段は使うことのない道具に、みなさん始めは苦戦の様子でしたが、徐々にコツをつかまれていました☆
お昼休憩をはさんで、午後からははしごの土台部分のかき取りです。
今度はケビキという道具を使って墨付けをしました。
馴染みのない道具だったと思いますが、いろいろな道具に触れてもらうことで、手づくりの楽しさの幅が広がればいいですね。
ボール盤で土台の下部分の穴を空けたら、いよいよ糸のこ盤の登場です。
先ほど墨付けした土台部分とコマの形を切り抜いていく作業に入ります。
結構厚めのコマなので、糸のこ作業に力がいります。保護者の方と協力しながらゆっくりと切り抜いていきました。
少々ゆがんでも、愛嬌です☆みなさんとても真剣な眼差しで集中されていました。
それから、切り抜いたコマにヤスリがけをしてきれいに整え、はしごを組み立てたら完成です!

参加者のみなさん一日本当におつかれさまでした。
いい夏休みの思い出になるとうれしいです。
完成した「はしごだるま」、ぜひ長く大事にして下さいね。

P1160468.jpg P1160483.jpg P1160484.jpg P1160497.jpg P1160499.jpg P1160502.jpg P1160505.jpg P1160509.jpg P1160512.jpg P1160513.jpg P1160514.jpg P1160515.jpg P1160516.jpg P1160517.jpg P1160519.jpg