メインお知らせ特別教室 >大工道具仕込み塾 開催しました。

大工道具仕込み塾 開催しました。

>こんにちは指導員の西です。
今回は二日間の仕込み・道具の扱いに関する知識を
掘り下げて今後の木工につなげられる様に、道具の相談講座
を開催しました。

DSCN6729.JPG DSCN6732.JPG DSCN6735.JPG DSCN6738.JPG


受講者の持ち込み道具が今回のメインです。
一番多い悩みとしては、カンナの台直しでした。

その他には刃物研ぎがうまくできない、片減りする。
刃物の研ぎ角度を見直したい。玄翁の柄を作り直したい。
おろしたてのノミの仕込みをしたい。などなど、皆さん
の悩みや取り組みたい内容は様々でした。

DSCN6741.JPG DSCN6742.JPG DSCN6747.JPG DSCN6750.JPG


プロの方でも道具の形や刃の角度、柄を作り直したり、
カンナの台を修理するとなると、大変です。

最初から全部きれいに直しきったり、完璧な調整をする必要
は無いと思います。

もちろん完璧な状態の道具がベストですが、一朝一夕にはできません、
道具の構造と加工内容に対して理にかなった状態に最低限して
おいて少しずつ調子をあげていけるよう調整を重ねていくと良い
のではないでしょうか。

DSCN6751.JPG DSCN6754.JPG DSCN6762.JPG DSCN6765.JPG


刃物を研ぐ時に様々な課題があるのも今回テーマに上がりました。
どうしても刃が丸くなる、砥石が滑る、など皆さんから鋭いなあ、
と思える質問がたくさん飛び交いました。
砥石の種類や特徴など交えながら、いくつかお話ししました。

DSCN6769.JPG DSCN6772.JPG DSCN6770.JPG


道具を仕込むのにも道具が必要ですね、
普段触れることの無い道具を使ってもらい柄を削ったりも
しました。
皆さんそれぞれの取り組む課題もありますが、他の方の内容にも
興味津々です。

今回二日間の日程で開催しましたが、まだ物足りない!
という声を多くいただきました、今後も継続的に開催で
来たらと思います。

DSCN6776.JPG

ご参加ありがとうございました。