メインお知らせ特別教室 >みちくさ木工教室「鉋で仕上げる、枡。」開催しました。

みちくさ木工教室「鉋で仕上げる、枡。」開催しました。


近頃は春の陽気に包まれたと思いきや、
冷たい風が強く、どんよりした天気。
足元も少々悪い中でしたが、「枡」の教室を
午前午後と二回にわたり開催いたしました。

作ることを通じて、鉋(かんな)の使いかたを
初歩的な部分から学びたい、という計10名の方に
ご参加いただけました。満員御礼、大変嬉しく思います。

では、教室の様子をお伝えしていきます。

DSCN4493.JPG


今回の教室は、兵庫県産のヒノキと
米を練り上げて作った糊を使っております。
まずは鉋に実際ふれて、使い方をレクチャー。
鉋の刃が、下端から髪の毛一本分飛び出す程度に
調整してから削ります。

DSCN4470.JPG
DSCN4476.JPG


「…ん??」「見えないー!」という声が飛び交います。
光と影を上手く操り、よく観察しましょう。
台頭(だいがしら)や鉋身(かんなみ)を、木槌で慎重に叩いて
合わせられた方から、試し削りをしていただきました。

DSCN4482.JPG
DSCN4484.JPG


それが終わると、実際に枡の材料を削って仕上げます。
だんだんコツがつかめてくると、薄く削れるようになります。
鉋の楽しさが見えてきたところでしょうか。

DSCN4494.JPG
DSCN4508.JPG
DSCN4509.JPG


いよいよ米糊で接着です。手早く乗せて、
叩いて組み合わせ、クランプできっちり締めます。

DSCN4512.JPG
DSCN4498.JPG
DSCN4526.JPG


そして、はみ出た糊を取り除き、きれいにします。
小さな箱なので男性にはしづらい作業だったかと思います…

DSCN4533.JPG
DSCN4532.JPG


接着して出来た「囲い」には段差が出来てしまっているので、
それを鉋で削り取り、同一平面にします。この作業を
「メチ払い」といい、隙間なく仕上げるのに必要な工程です。
終えたら、底板に関しても仕上げと接着の作業をしていきます。
クランプの締め方にもコツがありますので、
きちんと確認して固定しましょう。

DSCN4499.JPG


そして、最後に仕上げの鉋作業です。
端の欠けを防ぐため、面取りをあらかじめ施しておきます。
表面の汚れを削り取ったり、飛び出た部分をなくして
平滑でツヤのある美しい一面に仕上げましょう。

DSCN4507.JPG
DSCN4541.JPG


難しい部分もございましたが、なんとかひとつ、
小さなモノ作りの時間になったかと思います。
参加して下さった皆さま、本当にありがとうございました。