メインお知らせ特別教室 >大工道具仕込み塾「鑿を仕込む」開催しました。

大工道具仕込み塾「鑿を仕込む」開催しました。

こんにちは、指導員の西です。

新品のノミを調整する教室、2回目の開催です。
今回も沢山のご応募の中から5名の方にご受講
頂きました。

さて、「ノミ」という道具ですが、
柄と刃物が一体になった大工道具の一種です。

いくつかの部分に分けて調整をしましたので
その様子をご紹介します。

DSCN6287.JPG DSCN6288.JPG DSCN6281.JPG






























ノミの柄には金属の輪っかが付いているんですが、
この「カツラ」と言われる輪っか。
適正な柄のポジションにはめないといけません。

DSCN6291.JPG DSCN6293.JPG




















はまりました。

DSCN6406.JPG










少し刃研ぎについて座学も挟んで、
刃研ぎをしていきます。

DSCN6414.JPG DSCN6429.JPG DSCN6440.JPG






























砥石を濡らして、スッと、ノミを当てます。
綺麗に研げていますね~。

DSCN6423.JPG DSCN6412.JPG DSCN6419.JPG






























刃研ぎはすぐには出来ないものです、
最初は要点を押さえた刃研ぎで、切れる様に
することを優先します。

DSCN6448.JPG










どうでしたか、最初は少し馴染みのない言葉などに、
戸惑ったかもしれませんが、調整を進めるほどに
「分かった!」「なるほどなぁ、」と、言葉が聞こえてくるのが
嬉しかったです。

これから道具の手入れをする時もあまり難しく考えすぎず、
気楽に取り組んでみて下さい、上手にしようと意気込む事より、
続けることが大切です。頑張ってみて下さい。

2日間ありがとうございました。