メインお知らせ >丹波の森ウッドクラフト展の垂れ幕ができました!

丹波の森ウッドクラフト展の垂れ幕ができました!



現在、9月17日から始まるウッドクラフト展 展示会の準備を着々と進めています。

そこで、力を合わせて頑張った垂れ幕が設置できるまでの流れをご覧下さい。




まずは年輪の里開苑30周年の垂れ幕を一旦下ろし、裏返してウッドクラフト展の垂れ幕と横並びにくっつける作業です。
2枚の垂れ幕はサイズピッタリです!すごい!
1.JPG













2枚の垂れ幕をくっつけたら表を向けて掲げる作業に入ります。
長い梯子を使用し、上まで登って行きます。
2.JPG




















太陽が燦々と降り注いでいましたが、作業をしている場所は丁度日陰になっていたのでだいぶ暑さを凌ぐことができました。
木の館と日陰に感謝です。
青々とした木を見ながらの作業は心地良かったです^^
3.JPG













上部を引っ掛けたら、中心にズレがないか念入りに確認します。
そして、垂れ幕の両側の紐を上から順番に3ヶ所結んでいきます。
梯子は長く重たいので、揺れたり倒れないようにみんなでしっかりと下で支えていました。
4.JPG 5.JPG 6.JPG











高い所が好きな職員も挑戦!
7.JPG 8.JPG 10.JPG






11.JPG 12.JPG 13.JPG






14.JPG 15.JPG 16.JPG






17.JPG 18.JPG 19.JPG















無事取り付けに成功しました!
地上に戻ってきた職員の顔はとても嬉しそうです。
21.JPG



















最後に下部を固定して完成です。
23.JPG 24.JPG












閲覧いただきありがとうございました。
25.JPG