メイン >お知らせ

お知らせ

2009年12月 9日 「七転八起木工教室・カホン作りに挑戦!!」~6日目~
全7回で行われる、スツール型打楽器「カホン」作り教室の6日目です。 今回は箱の角を丸くする面取り、仕口の隙間の補修、サンディング、そして下地塗装まで行いました。 次回がいよいよ最終回になります。上塗り塗装、部品の組み付けを行って完成です。 今まで色々な加工をしてきましたが、作品としては塗装前まででや...
2009年12月 6日 手作りのクリスマスリースが出来ました
毎年恒例の、木の実やつるなどを使ったクリスマスリース教室を開催しました。 いろいろな種類の木の実や葉っぱなどたくさんの材料をそれぞれ選んで、自分好みのリースを手作りしました。     個性あふれるすてきなリースが完成しました。...
2009年11月29日 「七転八起木工教室・カホン作りに挑戦!!」~5日目~
全7回で行われる、スツール型打楽器「カホン」作り教室の5日目です。 今回は箱型に組んだ本体の釘穴隠しや鉋がけをし、最後に裏板を接着しました。 「カホン」の5面がほぼ出来上がり、ホッと一息という感じでしょうか。 次回で木の加工は終了し塗装に入ります。 残すところあと2回、次回もみなさん頑張ってください...
2009年11月22日 「七転八起木工教室・カホン作りに挑戦!!」~4日目~
全七回で行われる、スツール型打楽器「カホン」作り教室の四日目です。 今回は仕口の仕上げ、釘を隠す埋め木用の穴あけ等を行い、箱形に組みました。 九枚組み継ぎは加工の良し悪しがそのまま見えるので、組みあがった箱を前に反省する姿があちらこちらで見受けられました。 折り返しを過ぎました。後半も頑張って下さい...
2009年11月13日 楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~完成しました!~
全5回で行われる「楽苦楽(らくらく)木工教室・卓上整理箱をつくろう」の最終日、いよいよ完成です。  まずは、きちんと入るよう、鉋で一段ずつ抽斗の微調整をします。 それから全体をペーパーがけして、塗装に入ります。塗装はオイル(植物オイル)を擦り込んでいくオイルフィニッシュで仕上げました。 今...
2009年11月13日 「七転八起木工教室・カホン作りに挑戦!!」~3日目~
全七回で行われる、スツール型打楽器「カホン」作り教室の三日目です。 今回も仕口作業の続きでした。 荒加工が終わり、墨線まで仕上げる作業や仕口内側の入り隅を綺麗にする作業に入りました。 単純な作業の繰り返しですが、正確に繰り返さないとキッチリと出来上がりません。慌てないのが一番のコツではないでしょうか...
2009年11月 8日 ウッドクラフト展・ジュニアの部が終了しました
秋晴れのぽかぽか陽気の11月8日(日)、「第22回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)ジュニアの部」の表彰式が執り行われ、展示も無事終了しました。 受賞者の方の中には、遠くは埼玉県や香川県からの出席もあり、ご家族揃って受賞の喜びを感じていただけたようで、事務局としても嬉しい一日でした。 出...
2009年11月 1日 「七転八起木工教室・カホン作りに挑戦!!」~2日目~
全七回で行われる、スツール型打楽器「カホン」作り教室の二日目です。 全回に続き、板と板を組み合わせる仕口加工の鋸作業から鑿(ノミ)作業に入りました。 皆さん集中して作業されていましたが、途中「あっ」という声もちらほら・・・。 先は長いので鑿作業での荒取りは思い切って、そして墨線までの仕上げは繊細に、...
2009年10月31日 ウッドクラフト展(ジュニアの部)の入賞作品を紹介します③
最後に佳作(丹波の森ウッドクラフト展実行委員長賞)3点です。 1点目は「木の遊び場」足立 有希さん(丹波市立上久下小学校 6年)の作品。木の根っ子を逆さにして木に見立て、その枝には妖精のような子どもたちが遊んでいます。子どもたちの楽しそうな仕種や表情などが評価されました。 2点目は「たま子」道端 真...
2009年10月31日 ウッドクラフト展(ジュニアの部)の入賞作品を紹介します②
優秀賞3点をご紹介します。 優秀賞(丹波市長賞) 十河 加奈子さん(香川県立高松工芸高等学校 3年)の作品「双月」 この作品は、三日月が重なり合って、月のすき間から明かりが漏れる様子を表現した照明です。タモとケヤキそれぞれの材質の違いもポイントになっています。具象にも抽象にも見える美しい造形が評価さ...
2009年10月31日 ウッドクラフト展(ジュニアの部)の入賞作品を紹介します①
第22回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)ジュニアの部(高校生以下)の入賞作品10点をご紹介します。 まずはグランプリ(文部科学大臣賞)金井 駿介さん(埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園高等部 3年)の作品「自画像貯金箱」です。この貯金箱は制作者の金井君ご自身の顔をイメージして作られていて...
2009年10月30日 楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~4日目~
4日目は抽斗(ひきだし)作りの続きです。 まず、側板と前板に、底板の入る溝をトリマーという機械で掘る作業から。下側木端を基準にして作業していきます。 それから底板の幅、奥行きを鉋で調整し、次に前板の高さを上段・中段・下段をそれぞれ加工順に注意しながら、調整します。 向板も調整したら、前板につまみの取...
2009年10月27日 「七転八起木工教室・カホン作りに挑戦!!」が始まりました。
全七回で行われる、スツール型打楽器「カホン」作り教室の第一日目です。 第一回目はシラガキ、毛引き等を使って墨付けを行い、仕口の鋸加工に入りました。 墨付けの善し悪しが作品に直接つながるため皆さん慎重に作業されていました。 次回から本格的に仕口の加工に入っていきます。鋸と鑿(ノミ)だけを使っての加工に...
2009年10月25日 ウッドクラフト展ジュニアの部 開催中
第22回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)・ジュニアの部の展示が始まっています。 小学生から高校生までの応募作品、全323点をぎっしりと展示中です。 楽しい作品がたくさんありますので、ぜひ皆さんでお越し下さい。 期間:平成21年11月8日まで(展示中休館日 10/26、11/2) 9:0...
2009年10月23日 楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~3日目~
全5回で行われる「楽苦楽(らくらく)木工教室・卓上整理箱をつくろう」 3日目は、抽斗(ひきだし)作りに入りました。 午前中は、本体脚部分の底を削ってがたつきがないように調整しました。 午後からはいよいよ抽斗作りに取りかかります。「吊り抽斗」という、側板に溝を掘った構造のものです。 まずは、側板を合わ...
2009年10月22日 ウッドクラフト展 ジュニアの部 入賞者発表!
去る10月18日、審査会が行われ下記のとおり入賞作品が決定しました。    グランプリ(文部科学大臣賞)  作品名 自画像貯金箱/製作者 金井 駿介(埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園高等部 3年) 準グランプリ(兵庫県知事賞)  作品名 バンブルビー /製作者 大枝 岳(兵庫県立山の学校 1年) ...
2009年10月 9日 楽苦楽木工教室「卓上整理箱をつくろう」~2日目終了~
2日目の今日は、天板・底板の加工をして本体の本組みを完成させました。            仮組みチェック中           脚と裏板をつなげるために、ビスケットに...
2009年10月 6日 ウッドクラフト展 一般の部終了しました!
10月4日(日)のウッドクラフト展(一般の部)最終日、会場はたくさんの人でにぎわいました。 子どもから大人まで、年齢を問わず木のおもちゃの持つ魅力に感心されていたようです。 出展者のみなさま、来場者のみなさま、ありがとうございました。 またこの日、入賞者の表彰式も開催されました。 この表彰式等の様子...
2009年9月29日 ウッドクラフト展入賞作品の紹介 第3弾!
第22回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)一般の部の佳作(丹波の森ウッドクラフト展実行委員長賞)3点をご紹介します。 まずは、松澤政彦さんの作品「手に手つないでワンワールド」 「平和な世界」への願いが込められた作品です。ちなみに作者の松澤さんは、ウッドクラフト展出展歴22回、つまり全回ご...
2009年9月27日 ウッドクラフト展入賞作品の紹介 第2弾!
第22回丹波の森ウッドクラフト展(木のおもちゃ大賞展)の入賞作品のうち、優秀賞3点と新人賞1点をご紹介します。 まずは、優秀賞(丹波市長賞)の鈴木智子さんの作品「ババリアン・レントラー」です。 「ババリアン・レントラー」とは、ドイツのダンスで、男性が女性を追いかけ、女性がくるくる回りながら追いかけ...