メインお知らせ特別教室 >GuGu木工教室「ホワイトオークの折りたたみテーブル」その2

GuGu木工教室「ホワイトオークの折りたたみテーブル」その2

こんにちは、指導員の西です。

ホワイトオークテーブル3日目から最終日の様子です。

DSCN5797.JPG DSCN5802.JPG DSCN5804.JPG DSCN5807.JPG


脚材には型紙を使い糸鋸で切り取ります。
これで複雑な加工の下書きも間違いなく加工する事が出来ます。

DSCN5809.JPG DSCN5812.JPG DSCN5814.JPG DSCN5844.JPG DSCN5846.JPG


脚材には「貫」と言うパーツが2本組み合わさりますので、
その加工も行いました。

DSCN5897.JPG DSCN5898.JPG DSCN5908.JPG DSCN5925.JPG DSCN5937.JPG DSCN5944.JPG DSCN5936.JPG


脚材加工の次は天板。
前回制作した幅広の板を楕円に切り抜き、それをカンナ
で仕上げていきます。

で き る だ け 、逆目を抑えるようにゆっくりと削ります。

DSCN5945.JPG DSCN5946.JPG DSCN5947.JPG


作業の合間をみてトリマーという機械の使い方にも触れてもらいました。
便利な分、危険とリスクを伴うのが木工機械、安全に使用する原則を
いくつか説明しました。

DSCN5955.JPG DSCN5968.JPG DSCN5970.JPG


加工は大詰め。
各部材の面取りをして組上げていきます。

DSCN5976.JPG DSCN5979.JPG DSCN5981.JPG


組み付け後に特に強度が必要な部分は、ビスで留めます。

DSCN5982.JPG DSCN5983.JPG DSCN5989.JPG


下から順番に組んでいきます。
天板には今回、「撥水セラミックオイル」を使用しました。
汚れがつきやすいテーブルトップには最適な塗料で、
木の呼吸は残しつつ、水分は弾きます。

今回は折りたたみ機能が付いているテーブルの工作でしたが、
可動部分はなかなか難易度が高い工作でしたが
皆さん頑張って取り組んでくださいました。

DSCN5985.JPG


動く部分は摩耗や傷みも進行しやすいですが、大切に使って
もらえればだいぶ長持ちするはずです。
それでも何か不具合があればまた気軽に相談してください、
傷みや経年劣化も木の特徴です。上手に付き合っていきましょう。

今回の教室の中身の具はホワイトオークという具を平カンナという具で削り、
一枚の天板を作る。ホワイトオークとカンナでGuGu。

ご参加ありがとうございました。