メインお知らせ特別教室 >木工中級講座8期 その5

木工中級講座8期 その5

こんにちは、指導員の西です。
中級講座5日目となりました、

DSCN6543.JPG DSCN6545.JPG DSCN6548.JPG DSCN6551.JPG


今回は箱組みの仕口調整です。
「アリ組み」の側板と天板を合わせてピッタリ
合う様に加工していきます。

DSCN6554.JPG DSCN6556.JPG DSCN6561.JPG


シノギという特殊なノミを使い、台形のアリ組み加工をしていきます。

DSCN6558.JPG DSCN6562.JPG DSCN6549.JPG


仮組みと板の両端の先端を45度に加工する「留め」の
加工について説明しました。

木工は様々な加工法やそれに付随する取り合いについて
常に考える必要があります。
教室の説明をそのまま加工に移すのではなく、出来れば、
加工自体に含まれた理由や意味も考えながら工作して
もらえたらなと思います。

次回、6回目はついに箱組みの接着に入ります。