メインお知らせ特別教室 >木工基礎講座8期 2日目 フォトフレームホゾ加工から接着

木工基礎講座8期 2日目 フォトフレームホゾ加工から接着

こんにちは指導員の西です。

木工基礎講座、2回目です。

今回はフォトフレームを接着し完成させる
事を目標に、進めていきたいと思います。

P1270040.JPG

















朝イチから黒板には色んな寸法とカラフルな
線が沢山並びます…
どの数字がどこの何の為の寸法か、
どの線が何の加工の為の墨線か、
ひとつずつ確認していきます。

P1270044.JPG

















確認した線には内と外があり、内側は残し、
外側は切り落とします。
鋸で落とす部分を良く確認してから、鋸を
入れましょう。

P1270050.JPG P1270061.JPG




















鋸には横挽き、縦挽きで刃が違いますので、
刃の向きに注意です。

P1270067.JPG

















鋸挽きが出来たら、ノミで墨線まで落としていきます。
前回同様姿勢が大切。墨線、刃裏、目線が一直線に
なる様にノミを構えます。

P1270056.JPG










すると、こんな感じに。
ここからノミで少しずつ穴に入るよう調整していきます。

P1270075.JPG

















少しずつ削っては…

P1270073.JPG

















仮組みしてみます。

P1270072.JPG










長手と妻手、かちっと4本組めたら接着しましょう。

P1270076.JPG P1270078.JPG




















作業台の上を整理して、必要な道具はあらかじめ
準備してから接着作業をしていきます。
手早くボンドを伸ばし、クランプで固定します。

P1270092.JPG










ボンドが落ち着くまではサイドテーブルの材に勝手墨を
振り、墨付けの下準備をしました。

P1270094.JPG










今回は最後にフレームを鉋で仕上げます。
鉋の扱いを学び、少し削りの練習を。

P1270110.JPG P1270109.JPG


































仕上げの手順はまず、段差を探し、凸凹が
あるところをさっと削り、段差をフラットに。
この作業を「目違払い」と言います。

P1270115.JPG

















最後に背板を金具で留めて完成となります。

この課題は塗装をしないので鉋仕上げ。
無事練習課題のフォトフレームが完成したので
次回からはテーブルの加工に入ります。

次回3回目ではサイドテーブルの墨付け、ホゾ穴加工
に入っていきますので、図面をお忘れなく。