メインお知らせ特別教室 >木工中級講座 7日目 最終日

木工中級講座 7日目 最終日

木工基礎講座を修了した方々を対象にした、ワンステップ上の講座です。
今回は3段引出しの箱を作っていきます。

7日目最終日を迎えました。
ぎりぎりまで作業内容は多いですがラストスパートで頑張っていきましょう。
引出しの本組みをしてからに鉋で目違い払いと微調整をします。
DSCN1387.jpg DSCN1385.jpg


ここまでで、全ての加工作業は終わりました。
これから最後の塗装作業に入っていきます。
これまでの手工具や電動工具を使った加工と塗装は、全く違う作業として分けて考えていきます。
どんなに丁寧に精度良く加工と組み立てが出来たとしても、塗装仕上げが良くなければ、これまでの 苦労が報われなくなります。
塗料には、表面に塗膜を形成するタイプと、木目に染み込ませるタイプがあります。
今回の教室では染み込ませるタイプのオイル塗装をします。
塗料を均一に染み込ませる為に、ペーパーがけをします。
♯180の少し粗目で下地研磨をし(加工傷やナイフマークを消す)、♯240の細かい目で仕上げです。
DSCN1391.jpg DSCN1392.jpg DSCN1393.jpg


有機溶剤の含有量が極めて少ない、安全性の高いオイルを塗りました。
この時も、ハケに塗料をドッポリ浸けて左右にハケを早く往復するのではなく、3分の2ほど浸けて、進行方向に少し傾け、鉛筆持ちで一方向に適度に進めるのがムラの無い塗装のコツです。
DSCN1401.jpg DSCN1406.jpg DSCN1403.jpg


20分程置いたらウェスでしっかりと拭き込みます。
いわゆる濡れ色に木目が浮き立ち、良い雰囲気になりました。
7日間に渡って内容が多かったので大変だったと思います。くらしの道具として長く使っていただけたら嬉しいです。
皆さんお疲れ様でした!
P1170779.jpg



(工作指導員・小泉)