メインお知らせ特別教室 >木工中級講座 6日目

木工中級講座 6日目

木工基礎講座を修了した方々を対象にした、ワンステップ上の講座です。
今回は3段引出しの箱を作っていきます。

三段引出し箱も残すところわずかになりました。
内容盛りだくさんで、皆さん大変だと思います。頑張ってください!
6日目は、引出し加工に入ります。
本体の追い入れ接ぎ加工で使ったトリマーが再び登場します。
前板は段欠き、側板・向板には底板を入れる溝突き加工をしますので、それぞれに応じたトリマービットと 治具をセットします。
何よりもまず慌てず安全第一で作業を進めます。
DSCN1226.jpg DSCN1243.jpg DSCN1249.jpg


一度に全員が作業できないので、順番に。
その間は取っ手の加工です。材料の保持の仕方などの説明の後、糸鋸盤で曲線に切ります。
その後はドレッサーで整えます。
本体の組接ぎに隙間が出来てしまった場合は、鋸屑とでんぷん糊を混ぜた「こくそ」で埋めます。
木工用ボンドで混ぜると、塗料が乗ってくれませんから避けた方が良いでしょう。
DSCN1229.jpg DSCN1233.jpg DSCN1242.jpg DSCN1247.jpg DSCN1246.jpg


次々に作業は進みます。
引出しの合わせに入ります。
これもまた慎重かつ繊細な作業なので大変ですが・・・
平鉋を使って一枚ずつ合わせます。
DSCN1259.jpg DSCN1258.jpg DSCN1260.jpg


今日も皆さん時間いっぱいまで頑張りました。
お疲れ様でした。

(工作指導員・小泉)