メインお知らせ特別教室 >ウッドライフ教室 「サイドチェアを作ろう」 4日目

ウッドライフ教室 「サイドチェアを作ろう」 4日目

4日目は座面の板矧ぎと幕板、貫のホゾ加工に入りました。
板矧ぎは幅の狭い板材で広い板面積を作りたい時には有効です。
今回は比較的単純なイモ矧ぎで接合します。
接合面は中空きと言って端部よりも中ほどを緩やかな凹面になるよう0.2㎜ほど削って空かせておきます。
将来的に収縮が起きた時に、小口側の矧ぎ切れを防ぐのが目的です。
木端面の直角に注意しながら・・・
DSCN0920.jpg DSCN0910.jpg DSCN0911.jpg


作業自体はシンプルなのですが、削り過ぎたり、直角が出なかったり以外と難しかったようです。
中空きが出来たら、接着です。
接合面両面に適量の木工用接着剤を刷毛塗りし、クランプで圧締。
定規を使って反っていないか確認して完了です。
DSCN0914.jpg DSCN0915.jpg DSCN0919.jpg


板矧ぎはこのまま一日養生します。
幕板、貫のホゾ加工に入ります。三方胴付きホゾと四方胴付きホゾです。
まずは鋸で縦挽きから。
どのような姿勢で切るかはそれぞれやりやすい方法で。
大事なのは、鼻の先で墨線と鋸身を一直線に見て、ぶれない様に力を入れずに引いて切る。
シャカシャカ切る感じです。
DSCN0929.jpg DSCN0922.jpg DSCN0925.jpg


皆さんとても頑張り屋さんです。 適度に休みながら、安全に作業を続けていきましょうね・・・(^-^)

(工作指導員・小泉)