メインお知らせ特別教室 >木工講座(中級) 4日目

木工講座(中級) 4日目

4日目は前回の作業のおさらいの後、引き出しの加工に入りました。
側板と向板(後板)は3枚組接ぎ、前板は包み打ち付け接ぎで組みます。
まずは3枚組接ぎの女木加工からです。
万力に材を固定して、縦挽きノコギリで木目の縦方向に切れ目を入れて、横挽きノコギリで余分な材を切り落とします。
次はノミで胴付き部分を仕上げます。
この時、加工する所に水を含ませると材が柔らかくなり、加工がしやすくなります。
側板と向板はスプルース材を使っているので、刃が砥げていれば加工はしやすいでしょう。
向板の加工が出来たら、側板の男木加工です。
正確な墨付けと加工が出来ていれば、しっかりとしたはめ合いになります。

これが済んだら、底板用の溝掘りと前板の段欠き加工です。
底板は、定規と深さをセットすれば、同寸法で加工できますが、前板は前回の背板の欠き取りと同じで、数回に分けて加工する必要があります。

加工した材料が増え、仮組みまでもう少しです。
ケガと作業ミスが無いように、常に心がけたいものです。

DSCN0766.jpg DSCN0764.jpg DSCN0770.jpg DSCN0783.jpg DSCN0779.jpg DSCN0792.jpg


(工作指導員 小泉)