メインお知らせ特別教室 >木工基礎講座8期 4日目 ホゾ加工

木工基礎講座8期 4日目 ホゾ加工

こんにちは、指導員の西です。

今回は脚材以外のホゾ穴と、前回加工したホゾ穴に
入る「ホゾ」を墨付け、加工していきます。

DSCN0270.JPG










前回の続きのホゾ穴加工。
脚材の加工は説明しましたが、貫の長手にも
ホゾ穴はあります。今回はそちらの説明と加工から。

DSCN0279.JPG DSCN0283.JPG



























脚材と同様に穴あけをボール盤で行い、ノミで
刻んで整えていきます。
貫は通しホゾと言って貫通するホゾなので、
材の両側からノミを入れます。

DSCN0291.JPG DSCN0305.JPG



























ボール盤の台数に限りがあるので、ボール盤待ちの間は
脚材の加工をしてもらいました。

DSCN0306.JPG

















通しホゾはノミが貫通してしまうので必ず捨て板を敷きましょう。

DSCN0317.JPG










脚材の幕板が入るホゾ穴には【小根】と呼ばれる加工が
収まる浅いホゾ穴を追加で加工します。

DSCN0313.JPG DSCN0310.JPG



























ここも他のホゾ穴同様に刻んで整える…

DSCN0344.JPG










ホゾ穴の加工がほとんど終わったところで、
次はホゾの墨付けに入ります。

DSCN0324.JPG










ホゾの胴付き面(脚材に密着す木口部分)になる所に、
毛引き線を回します。この時に墨付けする材料を
間違わない様に注意です。

DSCN0331.JPG










木口面の墨付けは、万力に固定すると、安定して
確実な作業が出来ます。

DSCN0342.JPG










すべての墨線が揃っているか確認して…

DSCN0345.JPG DSCN0359.JPG




















墨線の外側を鋸で切り落とします。
この時、墨線のギリギリ際を切らないと、
後でノミで整える時に仕事量が増えるので大変です。

DSCN0366.JPG DSCN0369.JPG DSCN0360.JPG






































ホゾの厚み、幅、胴付き、の順に鋸を入れます。
小根の墨線や三方胴付きの幅方向はまだ残しましょう。

DSCN0402.JPG










二方胴付きと言われる貫の長手と同じ形まで鋸で
の加工が出来たところで、本日の加工は終了です。

次回は今回鋸で加工した部分をノミで仕上げ、
穴の方と合わせていきます。