メインお知らせ特別教室 >木工中級講座4期 その8 箱仕上げ・引き出し接着

木工中級講座4期 その8 箱仕上げ・引き出し接着

こんにちは、西です。
最近寒くなり、お客さんからも「そろそろ冬タイヤに変えないと…」
という声を耳にする事が増えてきました…

さて、木工中級講座は8回目に入り、箱組み仕上げと
引出しを接着をしましたので、その様子をご紹介します。

P1260217.JPG P1260216.JPG




















引出しは全部で4杯ありますので2回に分けて接着します。
朝イチで上から1・2段目を接着しておきます。

P1260214.JPGのサムネール画像 P1260225.JPG P1260227.JPG






























引出しは4方向から均等に圧がかかるよう固定し、
余分なボンドはしっかり拭き取っておきましょう。
この時四隅がしっかり密着して、底板との間に隙間
が出来ないよう確認します。

P1260287.JPG










引出しは底板と完全に密着していれば、
直角が出るようになっていますが、
念のため、スコヤで確認。

P1260230.JPG P1260238.JPG




















次は箱組みの仕上げですが、鉋をかけたりする前に
隙間を【粉くそ】で埋めていきます。
粉くその粉の作り方はいろいろありますが、
今回は金ヤスリを使い挽き粉を作りました。

P1260235.JPG P1260241.JPG




















粉くそはパテではないので1㎜以上開いた隙間埋め
には適しません。本来はごくわずかに出来てしまった
隙間を目立たなくする為の物です。
(仕口がぐすぐすの場合は本来は作りなおします…)

P1260251.JPG










お昼を挟み、粉くそが乾いたところを
鉋で表面を仕上げていきます。
最初は出っ張っている部分を横摺りで削ります。

P1260263.JPG P1260275.JPG P1260277.JPG P1260278.JPG























































鉋の刃は出来るだけ少なく出し、
脇が閉じ、肘に力が入りすぎると、
上手く削れません。
体全体を使い削りましょう。

P1260290.JPG P1260298.JPG



























さて、鉋かけが楽しい所ですが、今回は最後に
引出しの3・4段目も接着しておきます。

P1260285.JPG P1260299.JPG



























1・2段目と同じ手順で接着し、もちろんこちらも
スコヤで確認します。

P1260297.JPG










3・4段目は各段の高さがあるので接着後、
裏表をしっかり確認しておきましょう。

引き出しを全て接着したところで8日目終了です。
今回は鉋という道具の難しさと、削る楽しさの両方が
体験できたと思います。今回の感覚を忘れない様に、
次回の引き出しの仕上げも取り組んでもらえたらと思います

P1260305.JPG P1260306.JPG























次回9回目は引き出しの仕込みと持ち手の加工に入りたいと思います。