メインお知らせ特別教室 >木工講座(中級) 3日目

木工講座(中級) 3日目

3日目は前回どのような作業をして、どこを加工し仕上げたかのおさらいから入りました。
加工した寸法に仕上がっているかを、ノギスの使い方を習いながら計測します。
これが済んだら、棚板のトリマー加工です。
今回は別のトリマー治具を使いました。板にトリマーを固定しただけの簡単な物ですが、とても便利な物です。
棚板加工は、内法寸法が重要になります。
そのため治具のセッティングは慎重に。
定規をクランプでしっかりと固定します。

トリマー加工の際は、治具の端部に手を当て、材料が定規面とぴったり合っているかを見ながら、慎重にかつスムーズに材料を横方向に運ぶよう心がけます。
前回も言いましたが、トリマーは30000回転/分というとてつもないほどの高速で回転する機械ですから、 事故が無いように、安全には細心の注意を払って作業する事を心がけたいものです。
これが済んだら、引き出し用の束板の溝加工です。
前回と同じように、溝掘り用治具をセットして、トリマーを持っての加工です。
背板の加工は少し込み入った墨線が引かれているので、間違いがないか確認の後、まず胴付き面を加工し、それから裏板面を加工していきます。
トリマーの溝掘り加工は深さ5mmまでが限度です。それ以上だと切削抵抗が大きくなり、機械に負担がかかるのと、キックバックを起こしやすくなり危険です。
裏板面は9mmの深さまで掘るので、一気に加工するのは危険が伴うので、寸法の半分ずつ計4回に分けて治具をセットし直しながら、加工していきます。
トリマー加工が終わったら、今回は肩付き追い入れ継ぎの加工をするので、肩の部分はノコギリとノミで仕上げます。
ここまでの加工が済んだら、側板と背板のR加工を糸のこ盤で切り、ドレッサーで均しました。

DSCN0729.jpg DSCN0717.jpg DSCN0721.jpg DSCN0730.jpg DSCN0728.jpg DSCN0722.jpg DSCN0713.jpg DSCN0732.jpg


(工作指導員 小泉)