メインお知らせ >指導員の製作活動をご紹介!〈糸のこ編〉

指導員の製作活動をご紹介!〈糸のこ編〉

こんにちは指導員の西です。



  「With everyone Stay home.」
       「みんなで家に居ましょう。」



そんな呼びかけが拡がり始めてしばらく経ちますね。
在宅ワークに外出自粛、休校や営業自粛。
多くの方が今までより自宅に居る時間が増えたと思いますが、
そんな方々の「おうち時間」にも木工を提案出来れば...。

と、思ったのですが今回紹介する年輪の里の中身のお話は
おうち時間にはすこし難しいかも...。

                  それは糸のこ盤

DSCN7514.JPG DSCN7396.JPG


年輪の里には常設で10台の糸のこ盤がありますが、
利用者さんの多くはただの「電動ノコギリ」という
認識のようです。

でも、実はすごく奥が深い。

P1270387.JPG DSCN1672.JPG


小さく薄い物を曲線に切ることも、少し大きな材料でも
部分的にデザインをカットすることも出来る。

DSCN7460.JPG DSCN7405.JPG


DSCN7517.JPG DSCN7401.JPG


最近は大森指導員が糸のこ試作に取り組んでくれています。
慣れてくるとこんな複雑な形も加工できる。

DSCN7424.JPG DSCN7407.JPG


もっと複雑だとこんな事もできる...。
東浦指導員の木彫作品や加工依頼で刃物で彫る前に
意匠に沿って糸のこで切り抜くんだそう。
ここまで細かい加工は切っているそばから木が折れたり
するので難易度は高い作業ですが、その辺の使い手の
加減が糸のこ工作の難しさであり楽しさなのかもしれませんね。

DSCN7516.JPG DSCN7510.JPG DSCN7522.JPG DSCN7523.JPG


写真の錯覚ではないですよ、実は傾ける事が出来るんです。
そうすると傾斜をつけたカットが出来ます。

この傾斜切りを応用して大森さんが引き出しのつまみを切っ
ていました。四角や丸以外に動物のつまみなど、

面白いパーツ作りやパズル、組木加工に大活躍してくれる糸のこ盤。

年輪の里では四季折々のイベントに合わせた糸のこ教室
も開催しています。コロナが収まればまた来てくださいね、




さあ、次回は何を紹介しようかな、それではまた。