メインお知らせ特別教室 >木工基礎講座 その3 ホゾ穴加工

木工基礎講座 その3 ホゾ穴加工

すっかり暖かくなってきました。

R2226887.JPG

さて3日目は、前回引いた墨線部分の加工していきます。
線を引いたのは、脚の部材の「ホゾ穴」という継ぎ手部分です。
その穴掘り作業をしていきました。
P1230609.JPG R2226876.JPG R2226878.JPG


まずは下穴あけ。いきなりノミを使って削ってもいいのですが、ノミの消耗を減らすためにボール盤で荒取りをしておきます。そのあとノミを使って仕上げていきます。
まず3分(9mm)の巾のノミと底さらいノミという特殊なノミを使い削ります。
R2226881.JPG R2226882.JPG

大事なのは、直角に構えること。
削った後は専用の棒で直角を確認しましょう。
それから、刃を大切に扱うことです。いい加減に放り投げたり、ガンガンと強く叩いて使うと、消耗が激しくなります。刃を大切に扱うことは木工の大事な仕事の一つです。

R2226894.JPG R2226885.JPG

とにかく姿勢が大事です。良い姿勢が良い加工につながります。
目線はたえず真上から。
時間をかけて正しい姿勢を身につけていきましょう。ずっと同じ姿勢なので、時々ストレッチもお忘れなく。
R2226892.JPG R2226896.JPG

この日は1日ホゾ穴堀りをしていきました。
次回は引き続き、ホゾ穴掘りと、ホゾの部分を墨付けしていく予定です。