メインお知らせ特別教室 >ウッドライフ教室 オープンツールトート 3日目

ウッドライフ教室 オープンツールトート 3日目

電動工具のトリマーを使って、板構成によるおかもち型の道具箱を作ります。

3日目は、側板の糸のこ加工と仮組です。
側板の曲線部はデザイン的な要素が強いので、機能には影響無いですが、目立つ所でもあるので、慎重に切っていきます。
材料を歯に押し付けると、あらぬ方向に切り進んでしまったり、のこ歯が歪んで断面もそれに合わせて歪んでカットされてしまいます。
肩の力を抜いて、歯先を軽く材料に当て、木目に沿う方向でバタつかない程度に手を添えるようにするとうまく切れるでしょう。
P1140861.jpg P1140862.jpg P1140868.jpg


曲線カットが出来たら、断面の整形です。
ドレッサーという研削道具を使います。
目の細かいおろし金のような物、と言ったら良いでしょうか。
ペーパーヤスリのように粒子が材料に入り込む事もないので、削った後で刃物を当てる事もできますし、何かと便利な道具です。
削った面がダレないように注意しながら削ります。
P1140869.jpg P1140871.jpg P1140874.jpg


取っ手の角穴を鑿で仕上げます。
実際に取っ手の材を当てながら緩くならないように注意して合わせていきます。
P1140880.jpg P1140901.jpg


仮組をして、きちんと組み上がるかを確認し、不具合があるような場合は手直しをし、内側を鉋がけします。 ナイフマークという機械加工の跡を消す為です。 組んでしまうと、内側は手が入りにくいので、先に仕上げてしまいます。
P1140899.jpg P1140907.jpg P1140910.jpg


内側をペーパーがけしたら、本組みに入っていきます。
P1140903.jpg P1140900.jpg P1140917.jpg


土台部分まで組み上がりました。
次回には本体が組み上がるでしょう。
(工作指導員・小泉)