メインお知らせ特別教室活動のご案内 >ままごとキッチンを作りましょう 3日目(最終日)

ままごとキッチンを作りましょう 3日目(最終日)

ままごとキッチン教室、3日目。いよいよ最終日です。

この日最初の作業は天板のシンクの部分の切り抜きです。
ここは木を彫ってあるようにみえるのですが、実は糸のこで切り抜いています。
普通に切り抜くと、刃の厚みのぶん、板が抜けてしまうのですが、糸のこ盤をわずかに傾斜させて切ることで、写真のように板が抜け落ちずにとまってくれます。
P1140022.jpg

これが今回の教室の最大の難所!
30cm×60cmの大きな天板を回しながら切るだけでも大変なのですが、無理に引っぱったり、逆に押しすぎてしまっていると、傾斜角度が変わってしまって、抜けてしまうことも・・・。
ゆっくり無理させずに切っていきます。
今回の教室で糸のこを初めて使った方も多かったのですが、1日目、2日目と糸のこを使ってきて、みなさんかなり上達されていました。
私の心配をよそに、かなりキレイな仕上がりになりました!
スバラシイ!
P1140553.jpgP1140556.jpgP1140584.jpg


この方は、さらにシンクの中に細工をしています。さてさてどんな形になるのでしょうか?
IMG_6542.jpg



続いては、コンロや水道などの小さなパーツを組み立てていきます。
1日目から「手があいたらみがいておいてくださいね」とお願いしていたのですが、みなさんわずかな時間をぬって、ここまでに本当にていねいに磨いてありました。
ころんと丸いパーツがそろってくるとかわいらしいですね!
P1140563.jpgP1140566.jpgP1140567.jpgP1140570.jpgP1140577.jpg



次に本体や引出しのネジをとめた部分のダボうめをします。
IMG_6537.jpgP1140572.jpgP1140574.jpg



午後からは、“こまどめ”というL字型の金具を使って、天板を取りつけます。
まずは本体側にこまどめを取りつけて、次に天板を付けます。
蝶番の取りつけを前回していたせいか、みなさん要領をつかむのが早く、とてもスムーズに作業が進みます。
P1140579.jpgP1140581.jpgP1140580.jpgP1140585.jpgP1140583.jpg



みなさん最後までみがきや、微調整をていねいにされています!
P1140558.jpgP1140588.jpgP1140590.jpgP1140587.jpgP1140598.jpgP1140594.jpg



いよいよ工程も終盤。塗装です。
オスモのエキストラクリアーを使用しました。ヨーロッパの厳しい基準をクリアした、安心の植物性オイル塗料です。
全体にたっぷり塗ってから、ウェスで余分なオイルをふき取ります。
オイルを塗ると、ぐっと木の色がでて、つやつやとキレイ。一気に表情が変わります!
P1140607.jpgP1140610.jpgP1140615.jpg



最後に、扉の蝶番や、オーブン扉にアクリル板を取りつけたら完成です!
IMG_6547.jpgP1140617.jpg


みなさん大満足の笑顔です!
P1140621.jpg


「どっから見ても完璧な仕上がりや!」
「ほんとにこんなの出来ると思ってなかった~♪」
などなどうれしそうな声があちこちであがりました。

P1140618.jpgIMG_6551.jpgP1140619.jpgP1140620.jpgP1140624.jpgP1140625.jpgP1140626.jpgP1140627.jpg



シンクの中を加工されていたKさん。
傾斜引きを使って、こんなおもしろいしかけを作っていました!
IMG_6549.jpgIMG_6548.jpg


これはスゴイ!思いつかなかった!
息子さんが今ちょうど、穴にものを落としたりはめたりするのにはまっているそうなんです。板をはめたり抜いたり、ビー玉ころがしたり、さっそく夢中になって遊んでいました!
こんな姿見ると、嬉しさが倍増しますね!


参加者のみなさん本当にお疲れ様でした。
たどたどしい説明もかなりあったと思いますが、とても協力して下さるみなさんばかりで、絶妙なフォローに本当に助けられました。
ご夫婦でや、同じテーブルの方どうしの協力もとてもすばらしく、ハードスケジュールでしたが無事みなさん完成となりました。
お子さんやお孫さんに、たくさん遊んでもらえたら嬉しいです。
参加いただきありがとうございました。


(工作指導員 泉)