メインお知らせ特別教室 >木工基礎講座 2日目

木工基礎講座 2日目

4月から始まった「はじめての木工基礎講座」。講座では、簡単な小箱(レターラックや)本格的なスツールの制作を通して、接ぎ手や正しい道具の使い方を学びます。

2日目は、引き続き製作課題のレターラック、そしてスツールの一部墨付けです。
今回は背板の曲線挽きした面を、ドレッサーを使って整形、仮組と鉋がけ、木工用ボンドで
接着後に釘打ち付けで組んでいきました。
釘を打つ下穴をボール盤であけます。
いきなり釘を打つと、木目に沿って割れてしまう事があるからです。
釘を隠すためのダボ穴も一緒にあけておきます。
箱組みする前に、内側を先に鉋で仕上げておきます。
鉋の刃を出し過ぎないように気を付け、木目に逆らわない向きに鉋を当て、台を板材に
押し付けない様に、重心はへその辺りを意識して削っていく感覚です。
      DSCN0025.jpg DSCN0028.jpg


接合面にハケを使って、木工用ボンドを丁寧に塗っていきます。
圧着した時に、木綿糸1本分はみ出る位が丁度良い量の目安です。
DSCN0032.jpg DSCN0039.jpg


スクリュウ釘(普通釘よりも材の固定力に優れる)を使って、箱に組んでいきます。
板から釘が飛び出さないよう、慎重に打ち込みます。
DSCN0053.jpg DSCN0057.jpg


箱の側板と前板の外側を目違い払い(鉋を使って組接ぎの段違いを削って段差が
ないように仕上げる事) し、背板、底板を接着・釘打ちし、曲面をペーパーで仕上げて完成です。
DSCN0071.jpg DSCN0072.jpg


配布資料を使って、木工の基礎を復習し、次の製作課題であるスツールに移ります。
見本ではウォールナットと栓を使っていますが、今回は脚と幕板・貫にはタモを、座面には
アルダーを使います。
ここで大事なのは、木目と前後左右の位置関係をどう決めるかです。
正面にあたる長手方向には柾目面を向け、側面の妻手方向には板目面を向けます。
木が生えている時と同じような向きに木目を揃えていくと、まとまりが良くなり、見た目にも
安定感があります。
これが決まったら、どの材がどの場所かわかるように印を付けます。これを勝手墨と呼びます。
スコヤと毛引きを使って、脚のホゾ穴の墨付けまで進みました。
みなさんとても熱心で、予定より少し早く次の作業に進むことができました。