メインお知らせ特別教室 >木工中級講座 2日目

木工中級講座 2日目

木工基礎講座を修了した方々を対象にした、ワンステップ上の講座です。
今回は3段引出しの箱を作っていきます。

2日目は前回と同様イモ矧ぎによる板矧ぎの実習です。
今回は側板になる板材です。
機械に通す関係で、左右の分を一度に矧いでしまうので、中空きの鉋の削り方に応用が求められます。
DSCN0837.jpg


凸凹面が2か所になります。それさえクリアできれば、接着は前回と同じです。
DSCN0836.jpg DSCN0840.jpg DSCN0843.jpg


引出しの前板の墨付けと加工に入ります。
今回は朴、チェリー、ウォールナットを使います。
段によって、高さ寸法が違うので、墨付けを間違えないよう注意です。
DSCN0850.jpg DSCN0848.jpg DSCN0852.jpg


取っ手の窪みは、ドリルを使って予備穴を開け、側板を入れる切り欠き部分は鋸と、鑿を使って加工します。
DSCN0854.jpg DSCN0865.jpg DSCN0870.jpg


材質によって固さが違うので、加工に苦労されていましたが、頑張っておられる姿が印象的な実習風景でした。

(工作指導員・小泉)