メインお知らせ特別教室 >ウッドライフ教室 「大工さんの道具箱を作ろう」 2日目

ウッドライフ教室 「大工さんの道具箱を作ろう」 2日目

5月9日から、6回にわたり大工さんの使う道具箱を作る教室の様子です。
2日目の今日は練習材を使った蟻組みの仕上げです。
鑿と切り出し小刀を使って、墨線まで仕上げます。
P1150994.jpg P1150991.jpg


刃物の前に手を置かない、材の固定は確実に。
刃物を置く時は近くに定規やスコヤなど金物が無いようにする。
作業に際して注意するのはこれだけですが、以外とこれが出来ないものです。
刃先が欠ければ、それではきれいな切り口の作業は望めませんし、切れなくなれば余計な力をかける事に なるので、怪我もしやすくなります。
刃が欠けた刃物を研ぐのは大変なんですよ・・・
道具は丁寧に扱いましょうね。
P1150992.jpg P1150995.jpg


オス形とメス形が仕上がったらはめてみます。
3分の2ほどは手できつ目にはまる感じ、残りは金づちで叩き込む位が良いでしょう。
きつ過ぎて無理やり叩き込むと、メス形が割れてしまう事があります。
P1160042.jpg P1160043.jpg


隙間なく、しっかりはまったでしょうか?
次回は本番材で墨付け作業に入ります。
良い物が作れるよう頑張りましょう。
(工作指導員・小泉)