メインお知らせ特別教室 >木工基礎講座16期 その8

木工基礎講座16期 その8


こんにちは、担当指導員の株本です。
二ヶ月にわたり開催してきたこの講座も、
今日で最終回。天候にも恵まれ(屋内作業ですが…)
いよいよ完成へ、もうひと頑張りです!

先週接着した脚部の、形を仕上げます。
まず接着の際に長めに残しておいた部分を
鋸(のこ)で切って、平坦にする作業。
飛びでた部分以外を傷つけないように、
面に沿わせるイメージで鋸を動かします。

DSCN454a2.JPG


鋸挽きの木屑をデンプン糊で練って「コクソ」や「サビ」
と呼ばれるペーストを作ります。
これですきまを押さえ、目立ちにくいようにします。

DSCN4544.JPG
DSCN4546.JPG


気になる部分を目立ちにくくする技術です。
初めからあてにするのはよくありませんが、
仕方ない部分に関しては、上手くリカバリーしましょう。
これで脚部は完了です!
続いては座面の仕上げと面取りをしていきます。

DSCN4571a.JPG DSCN4554q.JPG
DSCN4564.JPG


サンドペーパーをかけ、これで
両方の部品が仕上がりました。
その後、組み立ての金具を取り付けるために
キリで下穴を開けます。

DSCN4572.JPG
DSCN4575q.JPG DSCN4586q.JPG


はやく作業が終えられた方は、塗装前に
部品のコンディションをもう一度確認します。
ボンドやコクソがはみ出ていたら、サンドペーパーで
しっかりと擦り上げて取り除きます。
特にボンドが残ると、塗装をはじき、目立ちますので
十分に注意しましょう。

DSCN4577q.JPG DSCN4588.JPG


さて、準備万端で塗装に入りました!
隅に気を配りながら、塗りムラを避けるため
たっぷりと伸ばしていきます。

DSCN4590.JPG DSCN4591.JPG


染み込みを待つあいだ閉講式を行いました。
当館を代表して東浦指導員より、修了証のお渡しと
ご挨拶をさせていただきました。
当施設を通して、皆さんの「木工ライフ」が
豊かになれば幸いです。

DSCN4592q.JPG


最後に塗装面を軽くサンドペーパーで磨くと、
毛羽立ちがとれ、触りごこちのよい表面になります。

DSCN4594.JPG DSCN4597.JPG


天板と脚材を金具で取り付ければ、完成!
二ヶ月の頑張りが実を結んだ瞬間ですね…
感慨深いものです。

DSCN4600.JPG


全員無事に完成ということで記念撮影をしました。
作ったスツールと共に、笑顔でパシャリ!

私の至らなさで、不安定な進行になったことが
幾度もありました。そんな中、つたない指導に対して
根気良く、また気軽に質問してくださったり、
「みんなで進む教室」へと成長させていただき、
本当に助けられました。
ここまで辿り着けたのも、皆さんの温かさのおかげです。

DSCN4604q.JPG


ありがとうございました!